★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [単独]チュ・ジフン、'五本指'地上波復帰確定.."演技で贖罪"
2012年06月13日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが来る8月放送予定のSBS特別企画'五本指'で地上波カムバックを確定した。

13日午前ドラマのある関係者によれば"去る12日、チュ・ジフンの出演を置いて放送会社と製作会社、俳優側が最終協議の結果キャスティングが確定した。 当初演出者と作家など製作スタッフ側がチュ・ジフンの交渉を強く要請した程作品の中配役に最上の適任者という判断を信頼することにした"と耳打ちした。

先立ってチュ・ジフンはドラマ出演説がふくらんで論議に包まれたことがある。 去る2009年麻薬疑惑で物議をかもした前歴が問題になったこと。 これに放送会社、製作会社、チュ・ジフンの所属会社側が出演可否に対してもう少し深い議論を繰り返したあげく結局出演に最終合意した状況だ。 これでチュ・ジフンは去る2007年KBSドラマ'魔王'以後5年ぶりのブラウン管復帰を控えることになった。

これと関連してキーイーストのある関係者はこの日午前OSENとの電話通話で"最終的に出演を決めたのが合う"として"チュ・ジフン氏が自ら過去の誤りに対して深く悔いている。 事実ドラマ カムバックを決めるまで容易ではなかった。 何より俳優本人の意志が重要だった。 結局作品に対する確信と製作スタッフの信頼を土台に用心深く出演を決心した。 やさしくなかったカムバック決定であるだけに俳優本来の本分をつくして演技で贖罪して報いる"と明らかにした。

一方'五本指'とは'紳士の品格'後続作で'産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDと'妻の誘惑','笑いますママ'などを執筆したキム・スンオク作家が意気投合した作品。

チュ・ジフンは劇中天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト男主人公の役割を演技する予定だ。 チュ・ジフンの他に色々な俳優らを相手にキャスティング作業が活発に進行中であり8月初放送される。

一方チュ・ジフンは去年11月軍除隊後出演した映画'私は王である' 8月封切りを控えている。

[OSEN 2012-06-13 10:56] 元記事はこちらから

20120613-1.jpg

※ジフニSBS出演確定最初の記事~(>_<)
韓流ビジネスを無視できないキーイーストはともかくジフニの意志を最優先させるとしたら、論難渦中にあっていくら製作会社や脚本家様が強く要請してくれたとしても自分の存在自体がドラマに悪影響を及ぼすことを懸念し辞退するという道を選んだ方がどれほど楽だったろう。でもそうしなかったジフニからは非難を真っ向から受けても逃げずにすべて受けとめる強い覚悟を感じます。確定が出てもその先はまだまだ茨の道ですがきっと道は開かれる。ジフニファイティン、わたしもがんばろう^^


まずは主要な記事を一気に続けます~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。