★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 麻薬チュ·ジフン、ドラマ復帰初読むに議論
2012年06月13日 (水) | 編集 |
麻薬事件で物議をかもした俳優チュ·ジフンのテレビ劇場復帰が秒読み段階に入って論難がおこっている。

チュ·ジフンはSBS特別企画 "紳士の品格"続編 "五本指"の男性主人公として出演提議を受けて肯定的に出演を検討中だ。 "五本指"に出演することにすると、2007年KBS2 "魔王"以来5年ぶりのテレビ劇場復帰だ。

SBSは12日、チュ·ジフンの出演問題を置いて、出演者、規制審査委員会を開き、激しい議論の末に "出演に問題はない"という結論を下した。 SBSのある関係者は "俳優があまりにもいない中で、韓流スターにドラマ興行のために若い人にチャンスを与えようという方向で結論が出た"と明らかにした。製作会社とチュ·ジフンの所属事務所は詳細条件を調整した後、出演を確定する予定だ。

2009年の麻薬投薬疑いで懲役6月、執行猶予1年を宣告されたチュ·ジフンは、翌年軍入隊、昨年11月除隊した。除隊後、最近まで映画 "私は王である"の撮影を終えて、来る8月封切りを控えている。昨年SBSが "大風樹"でチュ·ジフンのテレビ劇場カムバックを慎重に打診したがKBS、MBCの出演禁止名簿に上がったチュ·ジフンを、そのドラマで先に復帰させることは負担になって霧散した。

SBSと "五本指"の制作会社は、チュ·ジフン除隊後映画などを通じて、すでに演技者で復帰した俳優飢饉現象と相まって、キャスティングを進めてきた。

しかし、放送界関係者は "麻薬事犯で出演禁止名簿に上がったチュ·ジフンが、老若男女が見る地上波放送ドラマに復帰するのはまだ時期尚早のようだ"としながら "ドラマの興行もいいけど、地上波放送で私生活で物議をかもした俳優を性急に書くのは問題 "と指摘した。

またネチズンたちは "麻薬に裁判所で有罪判決受けた地上波放送出るの?"、 "麻薬の画像ドラマのキャラクターに焦点を合わせないようだ"など拒否感を現わした。

一方、 "五本指"は、SBS "妻の誘惑"、 "天使の誘惑"を執筆したキム·スンオク作家のドラマで、50部放送される予定だ。

[スポーツソウル 2012-06-12 18:36] 元記事はこちらから

※'激しい議論の末に "出演に問題はない"という結論を下した'そうでSBSさまコマスミダ;; あとはジフニ側が確定だせば地上波復帰!? でもそう簡単にはいかないかも

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。