★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン地上波復帰切迫の便りにネチズン甲論乙駁
2012年06月13日 (水) | 編集 |
麻薬前歴で地上波出演規制を受けているタレント チュ・ジフンがSBS新しい週末ドラマ‘五本指’(キム・スンオク脚本、チェ・ヨンフン演出)主演で嘱望されるとすぐにネチズンの間で甲論乙駁が広がっている。

'罰もすでに払ったし軍隊も行ってきた以上問題になることがない'という擁護論と'それでもまだ地上波はならない'という否定論がするどく対抗している。 'いくら民営であってもSBSがチュ・ジフン地上波カムバックになぜ銃を担ぐのか分からない'という意見もある。

チュ・ジフンの地上波復帰の便りが伝えられるとすぐにインターネットユーザーはSNSを通じて“チュ・ジフンTV復帰をおめでとう. 本当にたくさん待った” “いよいよ復帰するんだな! ファンとして本当に良い” “他の芸能人論議起こしてもすぐ復帰したのになぜ論議なの? 演技力に勝負しよう”等肯定的な反応を見せた。

反面“すでに地上波に復帰するということなのか?” “できるなら静かにしているだろう” “あえて他の俳優も多いが麻薬したチュ・ジフンを使わなければならないのか?”等一部では否定的な反応を見せている。

チュ・ジフンはSBS高位層の反対に昨年末‘大風樹’が出演が挫折した前例がある。 当時SBS高位役員は“どうして、わざわざ私たちのSBSが水の借金は芸能人を一番最初に起用しなければならないか”としてドラマ局にチュ・ジフン カードを反対して失敗に終わったことがある。

これと関連して‘五本指’製作会社の芸能人文化側は“‘五本指’の主演で現在のチュ・ジフンが出演を確定作った状況でない。 編成権を握ったSBSの決定を待っているだけ”としながら用心深い立場を取った。

‘五本指’はドラマ‘妻の誘惑’ ‘笑いますママ’ ‘天使の誘惑’等を執筆したキム・スンオク作家と‘バラの戦争’ ‘産婦人科’等を演出したチェ・ヨンフンPDが共に呼吸を合わせるドラマだ。

一方チュ・ジフンは去る2009年4月エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊して昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画'私は王である'の8月封切りを控えている。

[TVリポート 2012-06-12 17:25:16] 元記事はこちらから

※既出内容ですがせっかく自動翻訳加工したんで・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。