★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、‘五本指’主演身を引かなければならないだろうか
2012年06月12日 (火) | 編集 |
チュ・ジフンがSBSドラマ‘五本指’主演有力候補にされた中で、出演可否を置いて論議が起きている。

‘紳士の品格’後続作品で電波に乗る‘五本指’は‘妻の資格’クォン・スンオク作家の次期作でチュ・ジフンが出演を確定するならば、彼は去る2007年KBS 2TV ‘魔王’以後5年ぶりのテレビ劇場に復帰することになる。

だが、彼は去る2009年エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴されて懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された履歴を持っている。 しばらく俳優として上昇株価を乗っている時さく烈したこの事件は大衆に衝撃を抱かせたし、以後チュ・ジフンは2010年2月特戦司令部賞金予備役で入隊して反省の時間を設けることになった。

そのようにチュ・ジフンは軍服務を終えて昨年11月除隊したし、最近撮影を終えた映画‘私は王である’の8月封切りを控えている。 ところで彼がSBS ‘五本指’で主演有力候補とされるとすぐに出演可否を置いてインターネットユーザーらの甲論乙駁が繰り広げられた。

まずチュ・ジフンが社会的物議をかもした芸能人として自粛期間を持ったが、MBC,KBSの放送規制が解けない状況なのでSBSの出演はチュ・ジフンに向かった鋭い視線をそそのかすことになった。 地上波放送出演に限界を持つ俳優が主演で他の地上波放送テレビ劇場に出演すること自体が曖昧な成立を呼び起こして、公営放送規制が適用されなかった民間放送で開かれた機会という点でも不便な反応を見せている。

また、このような甲論乙駁が広がる理由はチュ・ジフンが大衆に麻薬疑惑をきれいに洗ったという認識を完璧に植え付けないところで始まったことだ。 疑惑を認めて、罪を甘受するという立場を明らかにした後軍に入隊したチュ・ジフンは大衆との距離を狭められないままうわさなしで私たちのそばをしばらく離れることになった。

彼としては十分に自粛の時間を持ったと感じることができるだろうが、大衆が感じるには特別な反省の兆しを発見できなかった。 だからまだ狭まらなかった認識から始まった今回のチュ・ジフンの‘五本指’主演有力候補は非難を避けることができなくなった。 自粛の時間よりも大衆の認識変化が芸能人としてより一層重要だということを見過ごしたと見られる。

麻薬疑惑を借金は大部分の芸能人らもその間早い回復が不可能だった。 自粛の意味もまた、物理的な時間によったことでなく心理的な条件につながったし、頻繁に大衆の冷たい反応も甘受しなければならない立場に置かれることもした。

このような事例を後にしたままチュ・ジフンがSBS ‘五本指’に出演を押し切るならば、より一層非難は加勢負けるしかない。 時期的に尚早の感が感じられる彼の出演に放送前から不便なそぶりを表わす視聴者たちが増える場合が発生する可能性が高くなるため。

もちろん彼も永遠の機会剥奪を持つことにはならない。 だが、もし彼が堂々と大衆の前に出る勇気があるならば、一番最初に認識の変化を持つ機会を用意して論議を寝かそうとする努力を見せるべきでないだろうか。 また、ドラマ‘宮’、‘魔王’と映画‘アンティーク’、‘キッチン’で演技力を立証した彼が再び演技者として大衆に姿を表わす予定ならば、大衆の視線と認識を変える方法を模索する過程は踏むべきではないだろうか。

一方チュ・ジフンは8月映画‘私は王である’封切りを控えている。

[レビュースター 2012-06-12 16:49:10] 元記事はこちらから

※大衆との距離は果てしなく遠い・・・

ちょっとPC調子戻ってきたかも!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。