★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '五本指'有力候補チュ・ジフン、地上波復帰甲論乙駁
2012年06月12日 (火) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがSBS新しい週末ドラマ'五本指'(脚本キム・スンオク演出チェ・ヨンフン)の主演候補にされながら視聴者たちの賛否論議が起きている。

チュ・ジフン所属会社関係者は11日マイデイリーと通話で"'五本指'製作会社に出演提案を受けて肯定的に検討している"と明らかにした。

'五本指'は現在放映中であるSBS週末ドラマ'紳士の品格'(脚本キム・ウンスク演出シン・ウチョル)後続で放映される予定だ。 ドラマ'妻の誘惑' '笑いますママ' '天使の誘惑'などを執筆したキム・スンオク作家と'バラの戦争' '産婦人科'などを演出したチェ・ヨンフンPDが意気投合した作品だ。 チュ・ジフンの出演が確定するならば彼は去る2007年KBS 2TV '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場に復帰することになる。

チュ・ジフン出演に対する甲論乙駁は彼が去る2009年4月エクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で不拘束起訴された事実に起因する。 当時チュ・ジフンは懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 2010年2月特戦司令部常勤予備役で入隊して昨年11月除隊した彼は昨年SBS '大風樹'出演嘱望されたことがあるが失敗に終わったことがある。

これと関連してSBS製作高位関係者は12日午前マイデイリーとの通話で"現在のチュ・ジフンの出演の有無関連出演禁止審議委員会を通じて深い議論が進行中だ"として"その間社会的物議をかもした芸能人がある程度の自粛期間を持って帰ってきたがこの点は会社次元で決定されなければならない問題"と伝えた。

この関係者は"キャスティング推進理由は芸術家が主人公の'五本指'の特性上チュ・ジンフンが適格という判断が聞いたためだ。 俳優らごとに持ったカラーが違うから作品に合うキャスティングをするのは演出者の任務だ。 現在広範囲な次元の議論が進行中"と付け加えた。

先立ってチュ・ジフン所属会社関係者もやはり"まだ出演を生半可に話す段階ではない。 用心深く見守っている"と明らかにした。

チュ・ジフンのキャスティングの報せに接した視聴者たちは賛否様相を浮かんでいる。 あるネチズンは"他人に被害を与えなかったし不拘束起訴を受けたといっても芸能人として青少年らに及ぼす影響力は無視することはできない。 地上波主人公復帰は時期尚早"と主張した。

反面一部では"公平性次元でチュ・ジフンよりきびしい物議、司法処理を受けても活発に活動する芸能人が多い" "永遠の機会剥奪はまた他の被害を産むことができる。 量刑を払って責任を負ったとすれば復帰しても関係ない"等の反応を現わした。

一方チュ・ジフンは来る8月封切りする予定の映画'私は王である'仕上げ撮影に真っ最中だ。

[マイデイリー 2012-06-12 12:05] 元記事はこちらから

※賛否両論、、、

PC反応悪で大げさでなくたぶん通常の作業時間の10倍くらいかかってる気がする(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。