★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 麻薬物議チュ・ジフン、ドラマ復帰の可能性に論議
2012年06月12日 (火) | 編集 |
麻薬事件で物議をかもした俳優チュ・ジフンのテレビ劇場復帰の可能性に論議が起きている。

チュ・ジフンはSBS週末ドラマ'紳士の品格'後続'五本指'の男主人公で出演提案を受けて肯定的に出演を検討中だ。 '五本指'に出演することになれば2007年KBS2 '魔王'以後5年ぶりのテレビ劇場復帰だ。

2009年麻薬投薬疑惑で懲役6月、執行猶予1年を宣告されたチュ・ジフンは翌年軍入隊して昨年11月除隊した。 除隊後最近まで映画'私は王である'撮影を終えて来る8月封切りを控えている。 昨年SBSが'大風樹'でチュ・ジフンのテレビ劇場カムバックを用心深く打診したがKBS,MBCの出演禁止名簿に上がったチュ・ジフンを自社ドラマに先に復帰させることは負担になって失敗に終わった。

SBSと'五本指'製作会社はチュ・ジフンが除隊後映画等を通してすでに演技者に復帰したという点と俳優飢謹現象などを理由でキャスティングを推進してきた。 SBSは12日チュ・ジフンの出演問題を置いて内部会議に入った。

しかし放送界関係者たちは"麻薬事犯で出演禁止名簿に上がったチュ・ジフンが老若男女が見る地上波放送ドラマに復帰することはまだ時期尚早であるようだ"としながら"ドラマ興行も良いが地上波放送で私生活で物議をかもした俳優を性急に使うのは問題"と指摘した。

また、チュ・ジフンのドラマ出演の便りが知らされるとすぐにネチズンは"麻薬で裁判所で有罪判決受けたが地上波放送出てくるのか?","麻薬イメージ ドラマ キャラクターに集中できないようだ"等拒否感を表わした。

一方'五本指'はSBS '妻の誘惑','天使の誘惑'を執筆したキム・スンオク作家のドラマで、50部に放送される計画だ。

[スポーツソウル 2012-06-12 10:36] 元記事はこちらから

PC反応鈍いんでぼちぼちですが順番に今日のジフニ記事を全部アップします~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。