★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル‘風月主’キム・ジェボム・ソン・トソプ“‘同性愛劇?’観客らの判断に任せます”
2012年06月02日 (土) | 編集 |
“ここに白髪出た~”

俳優キム・ジェボム(33)がインタビュー中前髪ある白髪一筋を見せる。 どれくらい熱心にしているのか見せてあげたかったという話に記者は笑いがさく烈した。

ミュージカル‘風月主’に出演している俳優キム・ジェボムとソン・トソプは(29)はこの頃からだが二つでも不足なくらい忙しい。 現在‘風月主’をしながらミュージカル‘兄弟は勇敢だった’の練習をしているため。

ソン・トソプはその間‘風月主’で俳優イユル(28)が入ってくる前まで、ワンキャスティングで公演を進行したために肉がたくさん落ちた。 彼は“顔もヘルすっと日が沈んで人々が疲れて見せるとそうですね。 何 kgが陥ったのか分からないが、力がちょっと入ることはしました。 (笑い)”と話した。

‘風月主’でヨルとサダム役で熱演しているソン・トソプとキム・ジェボムは次の作品練習と現在の公演で強行軍をしているがインタビューずっと才覚があってユーモラスにインタビューを進行した。

▲ “同性愛劇だといって? 友情も愛の一部門でしょう”

ミュージカル風月主は古代新羅時代雲楼という酒屋の男妓生のヨル(ソン・トソプ扮),彼が命より惜しむ友人サダム(キム・ジェボム扮)そしてヨルを愛する真聖女王の悲劇的な愛を描いた創作劇だ。

劇中ヨルとサダムはお互いに献身する間。 そうするうちに‘同性愛コード’に合わせた劇でないかという質問をたくさん受けたことだし2人の俳優は‘同性愛’という単語に敏感だ。

“その単語をいうのが用心深いことはそのとおりですよ。 同性愛をどう思うかの差であることのようです。 他の見方をすれば‘愛’というものをとても‘異性’ ‘同性’制限して考えることではないか…. 友情も愛の一部門でしょう。 劇ではどのようにこれらがどんな環境でお互いを考えて生きてきたのか代謝したことと説明をすべきだから表現が正しくならないこともあると考えることはします。”(キム・ジェボム)

“観客が見て感じて判断することが合うことと考えます。 大きく言ってみれば‘愛’これでしょう。 自分自身をあきらめながら守りたい心。 深い友情も愛に属するからです。 ヨルとサダムのなぜそのような友情を持つようになったのか冗長に説明しようとするなら観客が想像する面白味が落ちそうです。”(ソン・トソプ)

‘風月主’で真聖女王の愛を受ける最高の男妓生‘ヨル’を引き受けるためにソン・トソプは韓国舞踊を習ったし書道学院に通うこともした。

彼は“ヨルは誰か見ても素晴らしくなければならないでしょう。 よく表現したかったです。 それで踊りをちょっとたくさん練習しました。 また美しく文を書くことにはならなくても筆捉える方法、墨行く方法は正しくしなければならないようですので。 公演をするほど筆文字もよく書かれることのようです”と伝えた。

女らしくて繊細な‘サダム’役を担ったキム・ジェボムは前作‘コンギル伝’で引き受けたコンギルと似たイメージで観客らに見せるか悩む姿を照らすこともした。

“事実‘コンギル伝’と似ていそうで‘風月主’出演を迷ったが違う姿を見せてさしあげることができることと考えたし今でも悩んで演技しています。 本来ならば男性らしい‘ヨル’のような役をしたかったが少し自信がなかったです。(笑い)”(キム・ジェボム)

▲ ‘ア’といえば‘オ’というキム・ジェボムとソン・トソプ…なぜ今や会ったのだろうか?

2人の俳優は普通の縁ではない。 その間ミュージカル‘キム・ジョンウク探し’ ‘洗濯’ ‘オー! あなたが寝ついた間に’等で同じ役を担った。 そして今回初めて相手配役で呼吸を合わせることになったこと。

この二人は“公演が始めればなかなか顔を見られなかった間”として笑うこともした。 ‘風月主’でも呼吸がてきぱきよく合うからなのか。 インタビューでもキム・ジェボムが‘ア’といえばソン・トソプは‘オ’するほどおかゆがよく合った。

“(ソン)トソプをよく分からなかった時は、単純に笑うのが美しい弟、優しくて優しい子供と考えたが一緒に演技をして見たらイメージが変わりましたよ。 演技をする時は違う姿を見せて呼吸もよく合います。 ‘なぜ今や同じ舞台を立ったのだろうか’という考えになりましたよ。 次の作品練習をしているのに練習序盤なのに‘ヨル’の感じをどこでも受けることはできない程次の作品に熱中している良い俳優です。” (キム・ジェボム)

“兄を2007年から分かったし兄作品も見ましたよ。 あまりにも演技が上手だから習うことが多いことと考えました。 相手配役をすることになるということを分かった時、どのように親しくなるか悩みました。 私もそうでヒョンもあまりにもすぐ親しくなるのが難しい性格ですから。 やめることもできないので少し難しいように見えたが、劇で友人に出てきて少しずつ知ることになるからおもしろくて気楽な兄です。 これからしばしば会ったらいいですね。”(ソン・トソプ)

キム・ジェボムとソン・トソプは6月21日‘風月主’を離れて6月29日始めるミュージカル‘兄弟は勇敢だった’でもう一度呼吸を合わせる。

“‘風月主’を離れてとても惜しいです。 だがより良い姿で観客らを訪ねて行かなければならないから止むを得ないようです。 次の作品は指向がとても違った作品だとジェボム兄とまた他の色で呼吸を合わせることができることのようです” (ソン・トソプ)

[東亜日報 2012-06-01 17:47] りんく元記事はこちらから

20120601-1.jpg 20120601-2.jpg

※やっぱ年下攻めの年上受けって王道~(爆)。
ホントはこのペアの風月主、今回の重要プランで楽しみにしてたんですが急きょキャンセルすることにTT ラストチャンスだったのに残念だ~。でも兄弟共演を楽しみに!


して差し替えプランはなにかというと次で~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。