★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'カクシタル',俳優ら好演+豊かな見どころ..成功的な出発
2012年05月31日 (木) | 編集 |
KBS2新しい水木ドラマ'カクシタル'がチュウォンをはじめとする俳優らの熱演と豊かな見どころで成功的な出発を知らせた。

5月30日午後初放送した'カクシタル'では登場人物らの紹介とともにイガンド(チュウォン扮)とオモクタン(ジンゼヨン扮)の初めての出会いが描かれた。

朝鮮人であるのに日本警察で活動中であるガンドは朝鮮と日本の併合に功績を立てた理工の告別式を邪魔した独立軍隊長モクダンサリの娘オモクダンを捉えることになる。

だが馬に乗って登場したカクシタルのために結局オモクダンをのがしてしまう。 この事件前まで日本警察で輝かしい功績を立てて常勝疾走した彼だったのでカクシタルの存在は邪魔な人であった。

合わせて相次いだ昇進でバラ色未来を夢見る彼だったが朝鮮の人として日本警察で活動するという点のために多くの朝鮮人らの憎しみを一体に受けることになる。 ガンドのお母さん(ソン・オクスク扮)と兄カンサン(シン・ヒョンジュン扮)は市場通りで商売をしようとするが人々から辱めにあう。

この姿を見守ったガンドはお母さんに商売をしないとしお金を与えるが彼は息子の恥ずかしい金を受け取らないで、結局ガンドはお母さんとの葛藤で家を出ることになる。

以後ガンドとカクシタルの悪縁が紹介されながら劇の没入度を高めた。

特にこの日放送ではチュウォンの演技力が光を放った。 彼は貧しい家案を立て起こしてバカになった兄山川を治療するために日本警察役割をしている領土というキャラクターを完ぺきに消化した。

時には日本警察で卑劣できつい姿を見せるかと思えば、家族をクムチキ考えるガンドの二重的な姿を豊富な感情演技と表情演技で表現やり遂げて見る人々の好評を引き出した。

合わせてチュウォン、ジンセヨン、パク・ギウン、ハンチェアなど演技力を認められた若い俳優らの演技力はもちろん、チョン・ホジン、キム・ウンス、ソン・オクスク、イ・ビョンジュン、ソン・ビョンホ、イ・ギョンシル、アン・ソックァン、チョン・ノミン、キム・チョンナン、キム・ギュチョルなど助演俳優らのこく私は演技もやはり見る面白みを増した。

それだけでなく官僚理工の葬式場面では1千人余りのエキストラと大規模物量を投じて写実的な場面を表現やり遂げて視聴者たちの注目を一気にひきつけた。 ここに派手なアクションシーンがより増して劇をより一層豊かにした。

一方'カクシタル'は漫画がホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマで再誕生させた作品で、スーパーヒーローカクシタルの大活躍を表わす。 ここに名前がない英雄カクシタルの道を選ぶことになったガンド、彼に命も辞さない愛を送る女性牧丹の話が描かれる予定だ。

[世界日報 2012-05-30 23:14] 元記事はこちらから

20120530-3.jpg

※初回テンポ良く見入りました。チュウォンくん、キムタックのマジュン並みな目ヂカラ健在でアクションありダンスあり~の斜に構えたちょい悪雰囲気に萌え~。カクシタルの活躍は韓国の方には痛快で楽しめるんじゃないかなあ、日本人にはキツそうだけど。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。