★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '愛の雨'視聴者攻略失敗理由は? 緩急調節不在のため
2012年05月30日 (水) | 編集 |
韓流スターチャン・グンソクとユナの出会いと一緒に'秋の童話' '冬のソナタ'等季節シリーズで韓流熱風を追い立てたユン・ソクホPDの6年ぶりに復帰作で放映前から話題を集めたKBS 2TV '愛の雨'が29日ハッピーエンドで幕を下ろした。

だが、俳優スタッフなど最高のラインナップにもかかわらず視聴率5%以内をぐるぐる回って視聴者たちに無視された。 その理由は何か?

◆遅くて陳腐な設定'苦しくて'

先に'愛の雨'が連日視聴率苦戦をまぬがれなくて幕を下ろした最も大きい理由は陳腐な展開のせいだ。 1970年代を背景に描いたチャン・グンソクとユナの愛を通じて感性を刺激するという序盤企画意図は"陳腐な場面らでいっぱいだった"という酷評だけ引き出した。

'初恋',この切なくてかすかな素材をより美しくて特別に見せるのではないぷつんと触れば倒れそうなキャニャルプン女子大生と美大男子学生という食傷ぎみであるキャラクター、苦しいほど遅い展開、その上突然な不治の病まで登場して劇の序盤視聴層を確かにつかめなかった。

特にイ・ミスクが引き受けたユニというキャラクターは90年代ドラマでも出てくるそうな悲恋の女主人公のように感じられて現時代とは合わない設定で視聴者たちの不満を買った。 不治の病にかかって愛する人と離別、30年ぶりに再会したが子供のための犠牲精神で再び離別、これも足りなくて病状が悪化して失明危機に追い出されて遺憾よりかえって苦しさをかもし出したこと。

また、現時代背景で描かれたチョン・ジニョン、イ・ミスクのかすかな愛とチャン・グンソク、ユナのいきいきながらも切なる愛が4角関係でからまることによって、現実性が落ちる姿で視聴者たちの共感を買うことができなかった。

結論的に刺激的なコードを全て抜いたことは風変わりな試みだったがこれを代えるほどの要素が存在できなかったという指摘だ。 さらには早い展開と刺激的な設定に慣れた視聴者立場では最後まで見るのが難しいドラマになってしまったのだ。

◆彼らはいつ愛したのだろうか'性急な感情では'

'愛の雨'は最も重要な'愛'という素材で共感を形成できなかった。

2012年で背景が転換された5回で初めての出会いをしたソジュン(チャン・グンソク)とハナ(ユナ)はどうのこうのそのものであった。 だが、度々顔を向き合って見たら自身も知らないうちにますますお互いに心が引かれて、結局愛を始めることになった。 しかしさほど経過せず自分たちのパパ ママが互いに初恋であり、すなわち再婚をする計画という事実を知ることになり挫折してしまう。

ここで隙間ができた。 彼らのいきいきした愛が単に周辺状況という言い訳で、突然切なる愛になってしまったこと。 これに視聴者たちは"ユナとチャン・グンソクがこれくらい切切であったか?" "死んで生きられない程ではなかったが"等説明なしで脈がぽたぽたクンキョッタは反応を見せた。

また、チョン・ジニョンとイ・ミスクの愛も同じだ。 二人は何と30年ぶりに再会したにもかかわらずすぐに昨日愛して別れた人々のように顔を見るやいなや感情がよみがえって心を告白するに至った。 胸が痛い中年の愛を描いたことは良かったが感情の流れをよく乗ることができなくて性急に流れて残念な思いをした。

それでもユン・ソクホPDが'愛の雨'を通じて再び証明するとみられたのがあるならば断然映像美だ。

彼は70年代キャンパスのロマンを入れるために昨年の秋から撮影に突入、70年代分量の4回撮影にだけ約4ヶ月を消費したと伝えたことがある。 入れた球に比べて低調な視聴率は惜しかったが、彼が見せた豊富な色感と繊細な映像美はドラマを見る間目を楽しませてくれた。

それだけでなく編集に相当な時間が必要とされることにもかかわらず、70年代前分量をレッドウォンカメラで撮影したし、2012年美しい雪景色が繰り広げられた北海道ロケ分量は映画撮影時多く使うアレック社(ALEXA)で表わしてトレンディーだということ中にキピガムとやわらかいということを付与、俳優の表情と感情により一層没頭するようにした。

[2012-05-29 23:45] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。