★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 かすかだった'愛の雨',それでも俳優らの熱演は光った
2012年05月30日 (水) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'がチャン・グンソクとユナの結婚予告とともに大詰めの幕を下ろした。

29日放送されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)最終回はソジュン(チャン・グンソク)とチョンハナ(ユナ)が愛の結実を結んで幸せな結末を迎えた。

このドラマは放送になる前から'秋の童話' '冬のソナタ'のユン・ソクホ監督とオ・スヨン作家の再会で多くの話題を集めた。 だがかすかなだけした'愛の雨'は早く帰る現時代のトレンドを合わせることができなくて5%台の屈辱的な視聴率記録、惜しい結果を産んだ。

だが'愛の雨'は視聴率がドラマの成否を判断する基準ではないということだけは十分に知らせた。 たとえ5%台の視聴率を維持して月火劇最下位を記録したが、美しい映像と俳優らの熱演はその他のドラマより高いクォリティーを自慢した。

先にユン・ソクホ監督の長所の美しい映像とシングムを鳴るオ・スヨン作家の台詞は視聴者たちを魅了させてマニア ドラマを作り出した。 このドラマを見守った5%の視聴者たちは'愛の雨'にしっとりとするように染まって十分http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=117&aid=0002237775に没頭した。

また'愛の雨'に出演した俳優は通過儀礼のように過ぎ去った演技論議を全部櫛を入れていった。 貫ろくの俳優チョン・ジニョン、イ・ミスクをはじめとしてチャン・グンソク、ユナ、新人俳優キム・シフとパク・セヨン、初めて演技に挑戦した歌手ソイングクまで全部優れた演技力をお目見えして劇の没入度を高めた。

先にチャン・グンソクはその間韓流スターというタイトルに縛られて演技力に対する評価をまともに受けることができなかった。 トレンディーなイメージせいで真剣な演技をよくできないという先入観まであったが、70年代ソ・イナを演技して視聴者たちにかすかな感情を感じるようにさせること充分だった。

ユナやはり少女時代というタイトル、幼い年齢によってその時代の感性を表現できないという偏見があったが清楚な魅力が光った70年代キム・ユニ役を通じて演技の幅を広げることに成功した。

初めて演技に挑戦したソイングクもやはり似合う演技で視聴者たちの注目をひきつけた。 70年代キム・チャンモ役を担ったソイングクはしらじらしい演技を自然に消化、2012年にも再登場する喜びを享受したし、キム・シフ、キム・ヨングァンなど主助演を問わず安定した演技で俳優らの演技力を好評を引き出した。

[マイデイリー 2012-05-30 07:14] 元記事はこちらから

※フォローしつつ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。