★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘愛の雨’なぜこのドラマを受け入れることができなかったか?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
月火ドラマ‘愛の雨’が登場人物らの幸せな日常を表わすことで20回大長征に終止符を打った。

和解と容赦をキーワードにした最後の回で二人の主人公ハナ(ユナ)とジュン(チャン・グンソク)のウェディングマーチという完璧なエンディングを描き出したドラマだがドラマ内外的にその過程は順調でなかった。 20回という長い旅行日程の間関係と葛藤がからまるということによって劇中人物はイバラの道を歩いたしドラマの視聴率はかつて5%に固定されて同時間帯最下位という不名誉を得た。

それなら季節シリーズを誕生させた名コンビと韓流スターらの出会いで上半期期待作に浮び上がったこのドラマが放映ずっと視聴率不振に苦しめられてスポットライトなしでみすぼらしく退場することになった理由は何か。

初めのボタンから間違って挟まった。 ユナ、チャン・グンソクなどが1人2役を引き受けたこのドラマは1970年代過去のロマンスと2012年現在のロマンスを次々と描き出した。 4回までドラマ序盤部を飾ったのは1970年代の叙情的なロマンスで2012年現在で転換されるまで静寂な話がブラウン管を数を数えた。

刺激とファンタジーが主となった現トレンドと距離をおいたのは叱る選択でない。 しかし4回にかけて過去ロマンスを描き出す間ドラマはフレームの中で受動的なキャラクターらの動きを入れてまた、個性はない展開を継続した。 受動的なキャラクターが描き出す出会いと別れることの反復、ここに結核など1980年代ドラマでも見そうである陳腐な設定まで。 ‘高慢だなあ。 たくさん見た’評がひとりでに出てくるほどの選択で序盤ドラマが指向したのは郷愁をかもし出す1980年代の感性でないかたくなさだった。

このような展開が2週ずっと続く間‘愛の雨’の視聴率は5%に固定されたしまた、放映ずっとこれという反騰なしで足踏みを歩いてみすぼらしい退場を迎えるに至った。 これに過去と現在が交差するように展開したとすればこれという物足りなさが日誌だけそうだといって現在のロマンスが視聴者をひきつけるかというならばそれもまた‘ダメなこと’であった。

劇中盤まで二人の主人公のいきいきしたロマンスを描き出して一部大衆をひきつけたドラマだがイ・ミスクとチョン・ジニョンの中年ロマンスに焦点が合わされながらドラマの波自体が変わった。 繊細な描写は中年ロマンスをより切なく描き出したがそれが全部であった。 中年ロマンスが先頭に立ちながら過去イ・ミスクとチョン・ジニョンがそうしたようにユナとチャン・グンソクは出会いと別れを繰り返したしその過程でキャラクターは個性を失って受動的に変貌していった。 中年ロマンスと現在のロマンスのフュージョンが反転のポイントだったが二つはついに混ざることができなかった。

ドラマは終わった。 5%視聴率という惜しい記録を残してドラマは退場したがそうだといってドラマの魅力までさげすむことにはならなかった。 枠組みに閉じ込められたという物足りなさが残ったがドラマが見せた映像美と感性は明らかに通常のありふれているトレンディーものとは差別化があった。 個性と再解釈を入れた第2の‘愛の雨’の誕生が期待される理由だ。

[TVリポート 2012-05-30 07:00] 元記事はこちらから

※この手の記事を少し続けます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。