★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 あらかじめ見る水木ドラマ大激戦、カクシタル-アイドアイド-ゴースト
2012年05月30日 (水) | 編集 |
水木ドラマのラインナップが本当におもしろい。 全部同じ出発線上から始まる姿が水木ドラマのクォリティーを一層高めてくれるようだ。 同じように終わって同じように始めるのでどんなものを見るべきか選ぶことだけでも興味深い。 だが惜しくもこういう対決は今回が最後になるようだ。 アイドアイドが16部作、ゴーストが20部作、カクシタルが24部作であるためだ。 アイドアイドの次の方でイ・ジュンギとシン・ミナが出てくる‘アランサトジョン’が待機していて戦略的に16部作で短く持っていくことではないかと思う。

この前作らを見れば赤道の男後続でカクシタルが、屋根裏部屋の皇太子後続でゴーストが、ザ・キング トゥハーツの後続でアイドアイドが放映される。 赤道の男は14.1%の視聴率で、屋根裏部屋の皇太子は14.8%の視聴率で、ザ・キング トゥハーツは11%の視聴率で締め切ることによってアイドアイドが最も不利な線に立っている。 スタートはカクシタルとゴーストがより有利な状況にある。 だが、ふたは開けてみてこそ知ることが出来るだろう。 果たして二世ドラマはどんな武器を持っていて、魅力を持っているのか調べるようにする。

作家

ストーリーを作る作家の力量がまず最も重要なようだ。 どんなストーリーを持ってどのように作るかがコンテンツの最も基本であるためだ。

カクシタル★ ★ ★ ★

カクシタルはまず神の秤と楽しい私の家を使ったユヒョンミ作家が脚本を引き受けた。 だが、ホ・ヨンマン画伯の作品ですでに原作漫画は人気を検証受けたストーリーだ。 カクシタルによってとても多くの仮面をかぶった漫画が出てきて連載が中断されるほどだったというからその人気がすごかった。 私もまたカクシタルを幼い時に見て後でテッキョンを習ったことを思い出す。 ストーリー面で最も硬い作品でカクシタルを上げられるようだ。

ゴースト★ ★ ★

チャン・ハンジュン監督の妻のキム・ウニ作家が書いたゴーストは前作サインのためにより一層期待される。 サインが国科捜を扱ったとすればゴーストはサイバー捜査隊を扱うドラマだ。 最近カトクで犯罪を議論して殺人を犯した犯罪や、フェイスブックでお金自慢をしたおばあさんを訪ねて行った強盗の犯罪などを見る時非常に現実的で、最近トレンドを反映したストーリーが出てきはしないかと思う。 特にSNSを扱う部分においては個人的にさらに興味が行く部分だ。

アイドアイド★ ★

チョジョンファ作家は初めて聞いてみる新人作家だ。 どんな作品を書いてきたのかに対して情報がないからまだどんな期待もできることはできない。 ロマンチック コメディで靴会社デザイナーに対するエピソードらを扱う内容で男の私には別に近づかないストーリーだ。 靴マニアのソ・インヨンは好むのか?

俳優

与えられたストーリーを最もよく消化できる俳優は誰であろうか? いくらよく作られたストーリーでも俳優が発煙幾何ならば全くハタハタになる。

カクシタル★ ★ ★ (★)

チュウォンとジンセウォン、そしてシン・ヒョンジュン。 チュウォンは製パン王キム・タックで若干はぎこちない演技を見せたし、1泊2日でもまだ芸能感を見せられずにいる。 全てのものに新人のチュウォンは情熱だけはあふれるようだ。 ジンセウォンは新人俳優で、その上にシン・ヒョンジュンが認知度があって最近ドラマ バカママでのキャラクターがとても変だった。

視聴者の世間の注目を集めるには若干不足した俳優ら。 だが、ここにプラス星を与えた理由がある。 カクシタルが日帝時代を扱って見たら俳優キャスティングに問題があったという。 韓流の最大顧客層が日本なので韓流を念頭に置いた俳優が日本顧客らに嫌われるかと思ってキャスティングを断ったためだ。 視聴者には俳優に対する二種類認識が存在する。 本当に演技が上手な尊敬するほどの俳優と芸能企画会社の商品の顔マダム考えによって俳優の話だ。 少なくともカクシタルに出演した俳優は前者の俳優でないかと思う。 人気よりは演技をさらに重要だと考える俳優話だ。 それで新人俳優が主演であっても演技に対する情熱があると判断してプラス格別点を与えた。

幽霊★ ★ ★ ★
ソ・ジソプ。 終わり!

アイドアイド★ ★ ★

キム・ソナとイ・ジャンウが主演のアイドアイドはキム・ソナの硬い演技力もあるがイ・ジャンウの演技を注目するに値する。 光栄のジェインで素敵な演技を見せたイ・ジャンウは明らかに魅力ある俳優だ。 かえってキム・ソナがとてもキム・サムスンでキャラクターが固まってしまってそのイメージを抜け出せないことが惜しい点だ。 いやかえってキム・サムスンのイメージで押しつければより良いでしょうにロマンチック コメディに出てきながら毎度キム・サムスンと違うということがさらに惜しい部分だ。

主視聴層

カクシタル- 30代以上男

30代以上ならば幼い時カクシタルを皆見ただろう。 40代、50代にもなじむカクシタルは男たちにはスーパーマンと釣り合うほど記憶に残るヒーローだ。 この頃ヒーロー物がアベンジャースでよって人気を呼んでいるのにカクシタルが韓国土地産ヒーローで位置づけたら良いだろう。 30代以上男たちは皆カクシタルの前に。

ゴースト-10代から40代男、女

主視聴層が最も広いドラマはやはりゴースト。
ソ・ジソプとイ・ヨニ。 この2人の俳優は男と女層を全部捉えてくれていて、サイバー捜査隊というストーリーは10代層も共感するほどの素材でもある。

アイドアイド- 20代後半~30代後半ゴールドミスおよび味噌女(?)

靴という素材は男らでは絶対に理解することはできない素材だ。 靴を抱いて寝るソ・インヨンの姿は火星人を見るような感じだった。 だが、女はちょっと違ったようだ。 クドゥホルリギン女たちがたびたびいる。 10代は金がなくて靴に別に関心がないようだし、40代以上は育児によって現実を直視して靴に別に関心がないようだ。 20代と30代女性中にも名品が好きな味噌女も能力が備わっているゴールドミスに靴という素材はホットな素材であるようだ。

新しく始める水木ドラマに対して調べた。 個人的にはカクシタルに力を与えたい。 あまりにもおもしろくみた漫画でもあり、韓流のためにキャスティング難航していて新人俳優が主役を演じることになったのがあまりにも腹が立ったためだ。 韓流は大韓民国を知らせることにならなければならないでしょうにかえって最大顧客の日本の食欲にだけ合わせようとするとこのまま行っていては文化的植民地になることもできそうだという気がする。 日本で興行しそうなストーリーで日本スタイルのドラマだけ作って日本で撮影して、日本文化的情緒に合う、進んで歴史的わい曲をした作品が韓国で作られて出るようだ。 独島が日本の土だと知らせるドラマや映画が韓国で韓国俳優によって作られることもできると考えるとカクシタルに必ず力を与えるべきだとの気がした。

そのような要素を排除して見た時水木ドラマ中最も興行しそうなドラマはゴーストだ。 もちろんソ・ジソプの前作のロード ナンバーワンが興行惨敗をむかえたりしたがソ・ジソプの演技力だけは絶対至尊であるためだ。 イ・ヨニがエデンの東で見せてくれた発煙期もパラダイス牧場では皆消えた、発煙期をした時にもビジュアルで発煙期を宥和させた途方もない内面空白があるからソ・ジソプとイ・ヨニはビジュアルと演技全部皆捉えている。 主視聴層も非常に広くて、ストーリーもサインを見た時は非常に期待される。 色々な面で最も注目されるドラマでもあるようだ。

それでもやはりふたは開けてみなければならない。 今日から始める水木ドラマ大激戦が非常に期待される。

[メディアス 2012-05-30 18:16:04] 元記事はこちらから

20120530-1.jpg 20120530-2.jpg
KBS2カクシタル、SBSゴースト、MBCアイドアイド

※と、悩んだあげくカクシタルで~。チュウォンくんダンスシーンあったりがんばってる^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。