★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チョ・ヨジョン'整形説'話題追求"それで幸せですか?"映画'後宮' PD "これから女優が露出する作品作らない"
2012年05月29日 (火) | 編集 |
映画<後宮>の話題が別の道に漏れている。 映画の話をするためにインタビューに出たチョ・ヨジョンは'胸整形説'でまないたの上に上がった。 これは恐らく<後宮>が'エッチな映画'ぐらいで話題になったためだ。

<後宮:帝王の妾>(以下<後宮>)のプロデューサーファン・ユンジョンは28日自身のSNSに"これから絶対! 女優が露出をしなければならない作品を作りません"として"本当にとても入るするのではないですか? 見守る私気持ちもこのように裂けるけれど... それで、幸せですか?"と声を高めた。 これは同日、ある媒体がチョ・ヨジョンのインタビューを出して'胸整形説'論議を話題で捉えたためだ。 なじむ歩みで、色々な媒体が同様の内容を'基づいて'書いた。

論議の開始はいつものようにオンライン コミュニティ掲示板だ。 論議の要旨は過去'紙のように薄いスタイル'を所有したチョ・ヨジョンが映画<房子伝>以後、グラマーになったとのこと。 それで露出シーンがあると分かった<後宮>関連インタビューはこの'深刻な問題'を解決するのに適格だった。

弱り目にたたり目で論議の火種は'胸整形説'でチョ・ヨジョンの'釈然としない返事'で燃え移った。 チョ・ヨジョンが整形説質問に"どのように見られようが関係ない、俳優のからだは個人のことでない"として"俳優は魂を売る職業というのにからだは魂のうわべであるだけ"と答えたのを問題にしたこと。 媒体は"それでしたということか、しなかったということか"というインターネットユーザーの反応を活用、チョ・ヨジョンの'返事回避'を話題へ推し進めた。

報道だけ恨むこともできないことが、実際に関連記事の下には"そのまま'クールに'解明しなさい"という意見が支配的だった。 いつから俳優の整形が解明してこそ当然なことになったのかも疑問だが、露出シーンがある映画の関心と解釈というものがいつも末梢的な刺激にだけ留まっているのも遺憾だ。 <後宮>の俳優としてチョ・ヨジョンの返事は"整形をしました"でなく"私からだがどうだろうが私がすることができるものなどの中で最善を尽くそうと努力しました"が合うのではないだろうか。

[オーマイニュース 2012-05-28 16:27] 元記事はこちらから

※元になったインタビュー記事がちょっと見つからなかったのですが波紋が広がっているようで。まだこれから、6日公開作品だというのに別のところで話題集中ではPDもたまらないでしょう。映画は映画として、俳優は演技を通して純粋に評価されるべき~。

でも露出シーンはついつい胸に視線集中しちゃいそう。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。