★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ザ・キング トゥハーツ'イ・スンギの再発見、チームトップ俳優の可能性立証した
2012年05月28日 (月) | 編集 |
初めには演技まで上手にする'歌手'のものだと分かった。 ところで今見ると歌まで上手にする'俳優'ではないか。 MBC 'ザ・キング トゥハーツ'のイ・スンギ。 彼はこのドラマを通じて俳優という名前で一段階成長した。 そしてチームトップ俳優としての可能性まで立証するとみられた。 'ザ・キング トゥハーツ′が残した最大収穫というに値する。

▲キャラクター掌握力、劇の緊張感高めて

事実'ザ・キング トゥハーツ'とは'ザ・キング'ひとりに集中するほかはない話構造を持っている。 韓国が立憲君主制という仮想の設定の下傍若無人だった韓国国王が北朝鮮女教と愛して絶体絶命の危機を体験して真の国王に成長していく内容が骨組みを成し遂げるためだ。 しかも韓国、北朝鮮対立状況と国際情勢をドラマの主要背景と葛藤要素に引き込んだために主人公が耐えられなければならない重さが侮れなかった。 俳優がドラマを掌握しなければ、かえってドラマに圧倒されて存在感が埋められてしまうこともできたという話だ。

序盤部にまだ王制だった時期のイ・ジェハを演技する時だけでもイ・スンギは特別に目立っていて見せてはいない。 王族の特権はみな享受しながらも義務と責任は避けようと巧妙に小細工を転がして北朝鮮特需部隊教官キムハンナ(ハ・ジウォン)に"君は女ではない"として平然と毒舌をする'傍若無人'キャラクターがイ・スンギにはとてもなじむ'オーダーメード服'だったためだ。

先立ってSBS '私の名前は九尾狐'(2010)と'華麗なる遺産'(2009),KBS2 '噂の七姫'(2006)で演技した金持ちの家世間知らず坊ちゃんのような感じで大きく抜け出さなかった。

しかし先王(イソンミン)の暗殺で突然に王位を受け継ぎながらイ・スンギの演技はキャラクターとともに成長し始めた。

既得権をノッチしないとする政治家たちに一喝する姿は憎らしいほど当たり前のようだったし、王室を威嚇するクラブMのキム・ポング(ユンジェムン)に対抗する場面ではきついことさえした。 命をかけながらも愛する女性を守ろうとする時は強い男性美まで吹きだした。 熱い怒りと冷たい決断、真剣さといたずららしいということを行き来して躍動的に変わっていく姿を最後まで緊張感あるように導いていくことは決して容易ではない。

しかしイ・スンギは自然な演技と誠実な姿勢でキャラクターを説得力あるように描き出した。 イ・スンジェ、ユン・ヨジョン、ユンジェムン)、ハ・ジウォンのような先輩たちと正面対立する場面でイ・スンギに対する称賛が唯一多かったものを見れば、イ・スンギの演技力もかなり侮れなく積もったということを察してみることができる。

▲関係者たちがみたイ・スンギの演技は?

'ザ・キング トゥハーツ'の製作関係者は"再発見"という言葉でイ・スンギをほめた。

この関係者は"序盤にはイ・ジェハ キャラクターに多少過度に力が入っているという評価もあった。 だが、イ・スンギはイ・ジェギュPDと議論すると直ちに自分の演技を修正したよ"として"特にユンジェムンと一対一で正面対立する場面では互角に心理けんかをしながらも表面では揺れてはいけないから高度な演技力が必要だ。 相手が貫ろくのユンジェムンなのでさらに骨を折ったことだ。 ところでイ・スンギはそれをやり遂げたよ。 感情表現もますます老練だった。 本当にすごい努力派であった"と感心した。

そして"以前には多才多能なアイドルと分かったがいつのまにかイ・スンギは成熟した俳優の顔を整えていた。 演技の密度もはるかに高まった。 ロマンチックコメディに似合うアイドル俳優との先入観から抜け出して真の俳優でイ・スンギをまた見ることになった"と評価した。

'ザ・キング トゥハーツ'を演出したイ・ジェギュPDも"イ・スンギ演技の土台は格別な情熱という気がする"として"日が繰り返すほど深くなって変わって行くイ・スンギを見ることができて演出者としてまたとなく幸せだった。 もうイ・スンギには成熟した俳優の力が感じられ始める"と話すこともした。

'ザ・キング トゥハーツ'撮影に先立ちイ・スンギは強固な垣根のようだったKBS2 '1泊2日'とSBS '強心臓'で下車した。 ドラマにまい進するためだ。 これもまた容易ではない決定だったことだ。 もう歌手よりは'俳優'という名前がさらに似合うイ・スンギ。'ザ・キング トゥハーツ'はチームトップ俳優に成長していく彼に意味ある第一歩で記憶されるだろう。

[スポーツ朝鮮 2012-05-28 15:44] 元記事はこちらから

20120528-2.jpg 20120528-4.jpg 20120528-3.jpg

※イスンギくんがここまでできる子だとは思わず侮ってましたユルシテ(>_<) イジェギュPD作品でしかも主助演脇役みんなすごい演技を見せる中ここまで結果を出してスゴイよイスンギくん! 年末の演技大賞激戦だ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。