★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 スランプ陥ったKBS2月火ドラマ、新しいドラマ‘ビッグ’救世主になるだろうか?
2012年05月27日 (日) | 編集 |
今年KBS2月火ドラマが不振を免れなくなっている中で新しく始まる‘ビッグ’が救世主の役割を正確にすることができるかに対して多くの人々の耳目が集中している。

人気があるアイドル大挙出演と‘ドリームハイ1’の名声に力づけられて期待感の中に去る1月初めてデビューした‘ドリームハイ2’は初放送視聴率10.5%(AGBニールセンメディア、全国基準)を記録して順調な出発をするようだった。

だが、2回視聴率9.8%、3回7.2%などますます低い一桁視聴率を記録するとついに最終回は6.6%という屈辱的な視聴率で放映終了をむかえた。

これは前作‘ドリームハイ1’が11%視聴率で始めて18%という高い視聴率を記録して放映終了したのと比較すると非常に恥ずかしい結果であるわけ。

このような結果により後続‘愛の雨’に対する期待が集められたが来週放映終了を目の前に置いている‘愛の雨’は平均視聴率5%で1ケタ数視聴率を抜け出したこともなくて遺憾をかもし出す。

このようにKBS 2TV月火ドラマをスランプに落ちるようにさせた原因は何だろうか?

まず‘ドリームハイ2’は放送序盤から論議が成った女主人公カン・ソラの演技力論議と粗末なストーリー、共感不可キャラクター、中心になる助演らの不在が視聴者たちの目を引くことが出来ない原因という分析だ。 合わせて‘愛の雨’も現在と合わない70年代背景の遅い呼吸と陳腐なストーリーが低いストーリーの原因という評。

こういう失敗要因がかみ合わさって視聴者たちと共感を形成できない二つの作品の前てつを踏まないようにするなら‘ビッグ’はこれらの問題点を全部補完しなければならない宿題をかかえることになった。

まず‘ビッグ’は‘最高の愛’、‘私のガールフレンドは九尾狐’、‘幻想のカップル’等多くのヒット作を排出して出した人気作家ホン姉妹(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン)が脚本を引き受けてストーリーとごり押しキャラクター設定による失敗はないと予想される。

また‘ビッグ’はコンユ、イ・ミンジョン、スジなど演技力を立証受けたスターらと共にドラマの中心を正してくれるチェラン、アン・ソックァン、チャン・ヒョンソンなど名品助演らも登場する予定で‘ドリームハイ2’の問題点を全部補完した。

そして‘愛の雨’のように簡単に共感をかもし出すことはできない70年代背景でなく‘ビッグ’は熱い夏軽く楽しむことができるロマンチック コメディ ドラマで視聴者たちの注目を簡単にひきつけられるとの展望。

だが、現在の月、火曜日にはMBC ‘光と影’(以下光影)が同時間帯放送プログラム中1位を堅固に守っていて‘ビッグ’が‘光影’を越えられるかに対する期待と心配が同時になったりもする。

このようにすべての準備を完璧に終わらせて打席に入っている新鋭選手‘ビッグ’が老将‘光影’を越えてスランプに落ちているKBS2月火ドラマの救援投手で猛活躍することができるか‘ビッグ’の歩みに成り行きが注目される。

一方疾風怒涛の時期を体験する18才青少年がある瞬間30才成人男子になって広がる話を描く‘ビッグ’は来る6月4日初放送される予定だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-05-25 18:18] 元記事はこちらから

20120527-1.jpg 20120527-2.jpg

※愛雨は今週で終わりなんですね(汗)。来週から始まるビッグ、コンユくドラマ復帰で話題ですがわたしはそれよりも別角度から注目~。

な話題は次に~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。