★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル‘風月主’持てないから悲しい愛の歌[レビュー]
2012年05月26日 (土) | 編集 |
新羅51代王の真聖女王時代、男妓生がウルルという所で身分高い女たちを接待する。 ただ喜楽だけがあるそこ、風月は背中タスプコ腹がいっぱいであるために歌って踊る。

プレビュー公演全席売り切れを記録するほど熱い関心を受けたミュージカル‘風月主’(演出イ・ジェジュン)は新羅時代男妓生、風月のヨル(ソン・トソプ),ヨルと格別の友情をわかちあうサダム(キム・ジェボム),天下を持ったがヨルの心だけは持つことはできない真聖女王(クウォンヨン、チェ・ユハ)の交錯した愛を含んでいる。

ストーリーは単純だ。 真性はヨルを心より愛するがヨルはサダムと共にすることだけを望む。 それで彼は妊娠した真性の入宮命令にも不動の姿勢だ。 結局真性はサダムを脅迫して両者を引き離そうとする。 これにサダムは極端な決心をすることになって皆は悲しい結末を迎えてしまう。

この劇を支えているのは愛だ。 愛のために安息を探して、愛のために無駄になった欲張る。 また、愛のために悲しんで、愛のために命まで捨てる。 頭では絶対理解することもできなくて、楷書もならないことだが‘愛するから’仕方ない。

ヨルに執着する真性も、真性を迎えるウン長おとな(キム・テジョン)も、お互いだけを眺めるヨルとサダムも。 愛なしでは説明されることはできない関係だ。 そしてこれによって派生した悲しみが公演会場をいっぱい埋める。

◆俳優、作品を導く力

ソン・トソプとキム・ジェボムは現在の大学路ミュージカル版で最もホットな俳優と指折り数えられる。 二人は‘風月主’を導いていると話しても遜色がないほど加工するほどの人気を謳歌している。

ソン・トソプは甘美なナンバー、節度ある剣舞まで完全に消化して出してヨルを真性が愛しなければならない魅力的な人物で構築やり遂げた。 特に劇最後の部分サダムのために踊る踊りとギュウギュウ押して閉じ込めておいた悲しみを放って嗚咽する姿はヨルの痛みがそっくり伝えられて観客らの心を打つ。

サダム役のキム・ジェボムは目つきから凄然だ。 つぶれる砂粒のようにボロボロしているサダムの心をキム・ジェボムはつらい目つきと表情にいっぱい表わした。 手の先一つにも悲しみの感情がのせられる。 だが、自身を脅迫する真性の前では誰より強い声で自身の意見を表明してサダムが柔弱なだけの人物でないことを劇的に表わした。

ウン長おとな役を担ったキム・テジョンの感情演技もまた、一品だ。 真性に向かった最高の純真な愛はもちろんウンルをを導く人物で絶対カリスマを失わなかった。 また、クンクム役のウォン・ジョンファンは劇にゴマ粒のような面白味と活力を吹き込んで存在感を確実視する。

真性役のチェ・ユハは台詞処理が不安で、女王らしい感じが不足した代わりにヨルに頼らなければならない弱い女性の雰囲気が出る。 これに反しクウォンヨンは情事によって疲労した心をヨルから慰労されようとする女王らしいということが強い。

◆象徴にだけ具現された不親切な舞台と照明

全ての所がみな黒い色だ。 舞台の上には4個の段と階段がある。 ここは真性が統治する世の中だ。 イ・ジェジュン演出はこの舞台のコンセプトを迷路で捉えた。 相手の心をつかみたいがその方法を知らない人、持つことはできない心を持とうとする人々の交錯するということを舞台で表現したものと。 そして4個の段は台本に出ている場所を全部表現して、登場人物らの階級、高さから来る危機感を表わすためだ。

だが、実体でなく想像をしなければならない空間だから不必要に見える動線がとても多くて集中度が落ちる。 また、階段移動が多くて不安なことも加重されて高いところで進行される場面は見上げなければならない不便さができる。

世相を反映しなかった衣装は新鮮だが異質で、小劇場にもかかわらず席により照明のために観覧自体に妨害を受けたりもする。 製作スタッフの細心さが不足して惜しい。

ミュージカル‘風月主’という昨年初めCJ文化財団の創作支援プログラムの‘クリエーティブ マインズ’作品に選ばれた後リーディング公演を通じて爆発的な反応を起こした。 この人気に力づけられてこのミュージカルはプレビュー公演チケット オープン5分で2,400枚のチケットをまい進させる底力を発揮することもした。

現在までも‘風月主’は多くの女性観客らの愛を受けている作品だ。 だが、これが一部マニアらによる瞬間的に人気で終わらないようにするなら劇的に多くの修正補完が必要なものと見られる。

ミュージカル‘風月主’はキム・ジェボム、ソン・トソプ、シンソンミン、イユル、チェ・ユハ、クウォンヨン、キム・テジョン、シンミヨン、イムジンア、ウォン・ジョンファンなどが出演して7月29日までカルチャースペース エニュで公演される。

[TVデイリー 2012-05-24 14:44:12] 元記事はこちらから

20120526-11.jpeg

※前回ソントソプ×シンソンミンペアで観ましたもの、来週はソントソプ×キムジェボムペアで超期待~。このコンビは次のネタに続く!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。