★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [フォトストーリー]持つことができないものなどに対し、ミュージカル‘風月主’
2012年05月26日 (土) | 編集 |
7月29日までカルチャースペース エニュで公演

ミュージカル‘風月主(州,株’は創作ミュージカル支援プログラム‘CJ Creative minds’リーディング公演と分けてコンサートUNSUNGを通じて先に観客と会った。 作品は‘新羅時代男妓生’という独特の素材で公演開幕前からミュージカルファンたちの注目を引いた。

今回の公演はリーディング公演から参加してきたイ・ジェジュンが演出を引き受ける。 台本はミュージカル‘コーヒープリンス1号店’の脚色と演劇‘花ご飯’、‘無魚鼈’などを手掛けたチョン・ミナが参加した。 音楽は映画‘私の愛私のそばに’、‘孝子洞の理髪師’等のパク・キホン作曲家が共にした。

ミュージカル‘風月主’初演にはミュージカル界注目される若い俳優が出演する。 ヨル役にはソン・トソプとイユル、サダム役にはキム・ジェボムとシンソンミンが出演する。 真聖女王役にはクヨンウォンとチェ・ユハが交代して舞台に立つ。 その他にもイムジンア、シンミヨン、キム・テジョン、ウォン・ジョンファンなどの俳優が共にする。

20120526-1.jpg


20120526-2.jpg
幼い時期から共に過ごしてお互いに特別なきずなを感じる熱とサダム。

20120526-3.jpg 20120526-4.jpg
身分が高い貴族を迎える‘ウルル’の男妓生(風月主)で生きていくヨルは真聖女王の特別な寵愛を受ける。
サダムはまだ‘風月の系’を受けなくて風月の仕事の手伝いをして過ごす。

20120526-5.jpg 20120526-6.jpg
貴族夫人らの酒のテーブルを入れて侮辱にあうサダム。
サダムを救おうと飛び込んだヨルは貴族女性の刃物に喜んで命を差し出すと話す。
真聖女王はウンルを離れようとしているサダムのために死のうとするヨルを見ることになる。

20120526-7.jpg
自身に向かってあふれる数多くの噂を聞いた真聖女王。


20120526-8.jpg 20120526-9.jpg
ヨルの子供を持つようになった真聖女王はヨルに宮で一緒に離れようと話す。
ヨルが宮に行くことになるという話を聞くことになったサダム。

20120526-10.jpg
真聖女王と向き合ったサダム。 最後の決定を控えることになるのに…。

※続きはピミリエヨ~。

PC復帰第一弾がこれでが(爆)。
ただいまスマホでファッション王、PC別ブラウザでザキング最終週再放送リア視聴中ということでそのあたりのネタはのちほど~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。