★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘カクシタル’断った韓流スターら震えていて
2012年05月24日 (木) | 編集 |
'カクシタル'出演を断った俳優が震えている?

5月23日午後2時ソウル、麻浦区、汝矣島洞63コンベンションセンターで開かれたKBS 2TV水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ/演出ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン)製作発表会で抗日精神のためにキャスティングが難しかったという事実が明らかになって大きい波紋を起こした中で出演を断った韓流スターが誰なのかに対するネチズンらの気がかりなことが増幅されている。

事前製作期間が比較的長かった'カクシタル'の俳優キャスティングは昨年10月から進行されたと分かった。 だが、抗日精神のためにキャスティングは簡単に成し遂げなかった。 これと関連して製作発表会で"キャスティングに困難を経験したこと事実"と話し始めたユン・ソンシクPDは"もちろん歴史劇でなくスーパーヒーロー物ではあるが日帝時代を背景にした話だから抗日精神がはらんでいる"として"それで韓流俳優が出演を敬遠してする場合があった"と打ち明けて皆の耳目を集中させた。

引き続き"30代初中盤俳優らをキャスティングしようとした件は事実"としながら"そこで困難を経験していっそ新しいスターを作る時になったかと思ったしその時代に実質的にカクシタルで活動した人物は20代初中盤だ。 若い年齢血気を持っていて国のために犠牲にする人物だから若い俳優が合うと考えた"と明らかにした。 その中に一番目についた人物がまさに俳優チュウォンだった。 そのようにして20代チュウォンが'カクシタル'主演席を横取りした。

この報せに接したネチズンは'カクシタル'出演を断った韓流スターに対する気がかりなことを表わして"名簿公開しなければならないということ違うのか?","作品性良ければ総編でも悪くないけれど日本人が反感を持つ作品はならない? これは問題がある","昨年MBC '絶頂'の時も似た状況だったようだが","気になって及ぼす。 卑怯だ"等非難の声を高めた。

放送関係者によれば'カクシタル'出演提案を受けた男俳優らの数は相当したと分かった。 これらの中で一部は今回の発言により自分たちに火の粉が飛び散るか憂慮しているという伝言だ。 その上'カクシタル'と何の関係もない韓流スターらまで今回のことで良くない影響を受けるか焦思しているという後聞だ。

一方一部では出演拒否韓流スターらを理解するという意見もある。 一部ネチズンは"俳優でない企画会社で拒否をしたようだ","他の理由があることもできるので度が過ぎた側に追い込まないでおこう","'カクシタル'するという俳優らは当然ほめるだけのことはあるが断った俳優らを無条件ののしるのも笑わせる","私は率直に理解が出来る"等の反応を見せることもした。

今回のことで愛国俳優に新たに出たチュウォンはこの日製作発表会で"そんなことに対して一度も考えなかった"として"韓流も重要だが現在まで私には違うものよりは作品や演技の幅を広げることができるのが最も重要なようだ"と自身の見解を表わした。 また、彼は"後ほどその話聞いた時全く共感にならなかった"と付け加えて愛国俳優であることを認証した。

するとそばにあったシン・ヒョンジュンは"キャスティングの話を後ほど聞いたがチュウォンが立派な俳優であるようだ"と絶賛を惜しまなかった。 若い友人ならば'韓流'や人気に関係なしで役割や演技に欲を出さなければならないのにチュウォンがそうだというのがシン・ヒョンジュンの説明。

そうかと思えば日本人木村スンギ役のパク・ギウンは"日本人の役割だが韓国語で演技する。 誰より韓国人を愛する小学校教師で始めるから大きく感情の乖離感はない"と明らかにして目を引いた。

一方'赤道の男'後続に放送されるドラマ'カクシタル'は私たちの時代最高の漫画がホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマで再誕生させた事実だけでも大型話題を集めているブロックバスター級大作だ。 韓国ドラマ環境では見るに稀な去る2月から撮影に突入した。 来る5月30日初回放送。

[ニュースエン 2012-05-24 18:30:36] 元記事はこちらから

※チュウォンくんは一度も考えなかったと言ってるけど韓流を思い浮かべるのはムリもないことだと思うけどなあ、むしろ自然な気も。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。