★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 実際のゲイ監督が作ったハッピークィア映画 "二度の結婚と一回のお葬式"は...
2012年05月19日 (土) | 編集 |
"少年、少年に会う" "友人の関係?"などを演出したキムジョグァンス監督の最初の長編映画 "二度の結婚式と一回のお葬式"(トゥギョルハンジャン)が公開初日確定とティーザーポスターと予告編を公開した。

結婚適齢期の同性愛者たちがカミングアウトではなく偽装結婚を選択するというとんでもないが、興味深い話で、第12回ソウル国際映画祭ピーチ&キャッチ劇映画の観客人気賞アートレオン賞をさらった "トゥギョルハンジャン"のティーザーポスターは、結婚式の直後にブーケを受けるために前を争って手​​を差し出した4人の主人公たちの幸せな結婚式のシーンを入れた。

ところで花嫁の専有物であるブーケを新郎と新郎の友人まで乗り出す奇妙な状況だ。その姿の上に "黒髪白​​髪になるまで隠したい結婚もある!"という好奇心を刺激するコピーが、この結婚に隠された4人のそれぞれの本音を想像させる。

ティーザーポスターが人物たちの関係について好奇心を増幅させた場合の予告編は、あなたの人物の波乱に満ちた結婚生活を紹介する。結婚式の撮影で開始された予告篇はただ結婚した新郎、新婦が結婚式を終えると、それぞれの恋人と一緒に自分の道をしながら、これらの結婚がすべて偽装だったことを示す。

一日も早く結婚生活を終えたい周辺の疑いを避けるために、職場でのあれやこれや完璧な新婚夫婦の姿を演出しているミンスとヒョジン。しかし、帰宅後には裏もの見て回ってそれぞれの恋人とデートを楽しむ反転生活が公開されて笑いを抱かせる。幸せな日常も少しの間、時をわきまえず押しかけるミンスの親と不安定な二重生活は、これらの偽装結婚が容易では多くはないことを示す。

韓国初のハッピークィアロマンチックコメディーを標榜する "ヅギョルハンジャン"は、実際のゲイのキムジョグァンス監督特有のユーモアと目ぼしい若々しい画面に観客の視線をひきつける。

ゲイやレズビアンのカップルのどたばた偽装結婚のエンディングが果たしてハッピーエンドなのか、サッドエンディングである映画に対する気がかりなことは、来月21日に劇場で確認することができる。

[イートゥデイ 2012-05-17 10:39] 元記事はこちらから

20120519-3.jpg

※これ公開楽しみにしてたんです!(こちら) 原作1巻だけゲットしてるんですが続き出てるかチェック怠ってました。7月モーツァルトの時までやってるといいなあ(爆)。

キムジョグァンス監督の"友人の関係?"にイジェフン出てるんですがまだDVD化されてなかったよなあ、観たいなあ(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。