★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル "光化門恋歌"、11月に日本進出... "第2幕の変更作業中"
2012年05月19日 (土) | 編集 |
国内創作ミュージカル "光化門恋歌 'が来る11月に日本で初お目見えする。

故イ·ヨンフン作曲家の歌に三人の男女の胸がつぶれた愛の物語を描いたミュージカル "光化門恋歌"(演出イ·ジナ)は、来る6月3日までソウル忠武アートホールで観客たちと会う。

18日午後忠武アートホールで開かれた "光化門恋歌"プレスコールでイ·ジナ演出家は "いつも来てくださる観客たちにありがとう"と言いながら "今年の地方公演を終えて日本公演もうまくできるように多くの関心お願いする"と述べた。

"光化門恋歌"は、昨年の世宗文化会館初演に続き、今年の初めLGアートセンターを経て、忠武アートホールで3番目の公演を継続する。

イ·ジナ演出家は "現在も継続修正プログラムしている。1幕初演と星のようになく、2幕の歌を減らしている"とし "初演当時、曲でも紹介したいと思い、無理に曲をぎっしり入れた。 1幕と2幕均等に見せるために修正している "と説明した。

続いて "現在も継続意見募集をしながら監視をしている。釜山公演から、それ以上の修正のない完結版をお見せしたい"と述べた。

"光化門恋歌"は、6月のソウル公演を終えた後来る7月20日から8月5日まで釜山センタムシティのミュージカル専用劇場でお目見えする予定だ。また、11月には日本公演を計画している。

これに対してイ·ジナ演出家は "韓国の時代状況を比喩的に表現する二重の意味を果たして日本の観客が理解できるか懸念される"としながらも "イ·ヨンフン作曲家さんが歌詞に力を入れただけに、日本公演に先立ち、歌詞の翻訳に心血を注いでいる。最善を尽くす "と述べた。

一方、 "光化門恋歌 'は来る6月3日まで忠武アートホールで観客たちと会う。チョ·ソンモ、ユン·ドヒョン、リサ、ギムムヨル、チェジェウンが出演する。

[ジョイニュース24 2012-05-18 16:48] 元記事はこちらから

20120519-1.jpg 20120519-2.jpg

※先日の渡韓ではミンギュドン監督作を優先して初日舞台を泣く泣くキャンセルしたんですが11月は大阪で東京公演は来年の予定、やっぱり早く見ときたいなあ。。。

そして釜山公演からはエリザベートを終えたソンチャンウィ氏も合流するんだとか! 日本キャストが気になるなあ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。