★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ネアモ'有料試写9万人動員…'建築学概論'凌駕
2012年05月15日 (火) | 編集 |
映画'私の妻のすべて'(以下'ネアモ')が5月12日と13日有料試写会を進行して全国9万人余りの観客を動員した。

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば'ネアモ'は週末の間537個のスクリーンで9万6,873人の観客を集めてボックスオフィス5位にランクされた。

'ネアモ'は正式封切りをする前有料試写会でだけ約10万人余りの観客を集めて今後の興行展望を明らかにした。 このような数値は400万観客を突破した興行作'建築学概論'が有料試写会当時見せた記録を越えることだ。 '建築学概論'は去る3月週末有料試写会で2日間で6万4,415人(555個スクリーン)を動員したことがある。

有料試写会を通じて映画を見た観客らの反応も熱かった。 現実的なストーリーがあたえる共感と以前になかった個性満点キャラクターらのアンサンブル、イム・スジョン・イ・ソンギュン・リュ・スンニョンの破格変身などに高い満足度を見せた。

'ネアモ'はカサノバに妻を誘惑してくれとお願いした男の決別プロジェクトを扱ったロマンチック コメディ映画で来る17日正式封切りする。

[SBS 2012-05-14 10:48] 元記事はこちらから

20120514-5.jpg

※いや~楽しかった。イムスジョン嬢の女優生命に影響ないんだろうかくらいなキャラに初めて知りましたリュスンニョン氏のカサノバ魅力、イソンギュン氏の低音ボイス絶叫の数々と見どころ多し! 特にイムスジョン嬢のマシンガンのような台詞は字幕訳者さん相当苦労するだろうなあ。文字制限無視でニコ動みたく画面にが~が~垂れ流し続けるってのはどうだろう(爆)。建築学概論が男子の共感を呼ぶならネアモは自分の方がずっとマシみたいな同情的視点でイソンギュン氏を応援しながら観るような感じかな(笑)。本公開後の反応を楽しみに!

わたし知らなかったんでびっくりしたんですが冒頭いきなり名古屋ロケで~、二人が出会い日本語で話し続けるという(笑)。なら日本公開も確実だなあと思いきや、3.11を連想させるエピソードがあり日本公開への足枷にならなければいいなとちょっと思いました。余計な心配ならよいのですが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。