★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミステリー‘愛の雨’、海外だけで大騒ぎ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
国内では大人気を呼ぶことができなくて物足りなさを買っている‘愛の雨’が海外では暴風関心を受けている。

放映前から日本市場に韓国ドラマ史上最高待遇先輸出される気炎を吐いたKBS 2TV ‘愛の雨’が日本、中国、香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、シンガポールなどアジア地域をはじめとしてアメリカとヨーロッパを含む12個地域に販売がなる驚異的な記録を立てた。

アジアを越えて全世界が注目しているドラマとしてその作品性を認められていること。 事実‘愛の雨’に対する海外市場の関心は期待以上に熱かった。 放映前日本、羽田空港に開いた‘愛の雨展示会’と製作発表会を通した多国籍取材陣らの熱い取材熱気があったし、去る4月フランス カンヌで開かれた世界3代コンテンツ マーケットMIPTV韓国出品作の中最も熱い関心を受けたことがある。

ユン・ソクホ監督の流麗な映像美、繊細な感性演技を見せているチャン・グンソクとユナの好演、ここに純粋な愛の感性を悟らせる叙情性とトレンディーな感覚が絶妙に交わったのが人気要因だ。 特に‘愛’という全世界の人の普遍的価値を韓国的感性で解きほぐして海外で歓迎されているという業界の評価だ。

残念なことに現在‘愛の雨’の国内人気は残念な成績だ。 初放送以来ずっと一桁数視聴率を記録して同時間帯最下位を抜け出すことができなかった。 ストーリーが絶頂に駆け上がっているが相変らず5%台に留まって戦々恐々としている状況。 この中海外ファンたちの爆発的な反応を得ているといううれしい便りが伝えられて現場でも幸いだという反応だ。

‘愛の雨’の製作会社ユンスカラーの関係者は“アジアの色々な地域をはじめとしてアメリカとヨーロッパまで販売がなったといううれしい便りに俳優はもちろんスタッフら全部より一層責任感を持って熱心に臨んでいるとより一層大いなる声援お願いする”と伝えた。

‘愛の雨’は来る26日日本ケーブル チャンネルKNTVで毎週2回、また、日本最大放送会社フジテレビを通じて7月に放映される予定だ。 ‘愛の雨’の感動と余韻が日本を始め海外でもずっと続くと期待される。

[毎日経済 2012-05-11 10:11] 元記事はこちらから

20120514-4.jpg

※ほとんどさっきのと内容同じですがもうひとつ。放送もされる前から手を出した日本と違って他の国々は国内反応をわかった上で購入してるのでしょうから製作会社としたらそれはそれは嬉しいでしょう。

キムタックの裏で視聴率伸びなかった'悪い男(邦題:赤と黒)'が日本地上波放送を控えいま爆発寸前なように数字だけではドラマの質は計れない。でも数字から見えてくるものがあるのも確か。KNで始まったらちゃんと自分の目で確かめようと思います~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。