★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キム・ドンウク、チュ・ジフン、イ・ビョンホンなど'フン男'帝王が押し寄せる
2012年05月10日 (木) | 編集 |
'後宮','朝鮮の王','私は王である'でそれぞれ違った帝王演技

国内劇場街に魅力的な帝王が押し寄せる。 6月6日封切りを前にして'後宮:帝王の妾'(以下後宮)のキム・ドンウクを始め現在の撮影中である'朝鮮の王'イ・ビョンホン、'私は王である'チュ・ジフンまでそれぞれ違った魅力の帝王を演じて観客らをひきつける予定だ。

後宮は愛に狂って、復讐に狂って、権力に狂って、届かなくては生きられないものすごい宮で広がる愛欲の情事、狂気の政事を描いたエロチック宮中史劇。

キム・ドンウクは愛と権力で真裸になった王ソンウォン大君役を担って、その間お目見えした可愛いイメージを皆脱ぎ捨てた。 持つことはできない愛を渇望するかわいそうな男で愛のために権力をにぎるために狂気で染まっていく姿まで多彩な帝王の姿を表現した。

私は王であるは奴婢と身分がさかさまになったチュンニョン大君が宮殿外で多様な人物と社会を経験しながら星群世宗大王に成長していく過程を描いた作品. 3年ぶりにスクリーン カムバックしたチュ・ジフンは小心で柔弱な世子チュンニョンを演じた。

チュ・ジフンはカリスマあふれる世子で出演したドラマ'宮'とは全く違う性格のキャラクターとコメディ演技まで風変わりな魅力を発散する予定だ。 チュンニョン大君が次第に星群に成長していく過程をどのように表現するのか期待される。

朝鮮の王は朝鮮時代最もドラマチックな君主であった光海君と彼と驚くべきであるように似た容貌を持った賎民がにせ物王で代理王の役割を受け持つことになって広がる話を描いた映画。

最初に史劇に挑戦するイ・ビョンホンは王と賎民という1人2役を引き受けて両極端のキャラクターを行き来する。 全く違う色の二つの顔を通じて新しい演技変身を見せる予定だ。

[ノーカットニュース 2012-05-10 11:28] 元記事はこちらから

20120510-11.jpg

※三人三様~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。