★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘愛の雨’結末の行方は? ユン・ソクホPD前作らと比較してみると
2012年05月10日 (木) | 編集 |
本当にただ悲しいだけのままで終わるだろうか?

KBS 2TV月火ドラマ‘愛の雨’(脚本オ・スヨン/演出ユン・ソクホ)の結末が予想通り悲しいだけするのか視聴者たちは気が焦る。

5月8日放送された14回では両親世代愛を分かってしまったソジュン(チャン・グンソク扮)とチョンハナ(ユナの方)が結局自分たちの愛をあきらめて苦しがる姿が描かれて視聴者の涙腺をさく烈させた。 “30年を胸に抱いて暮らせるだろうか?”というソ・ジュンの台詞のようにますます自身と似ていた父親を理解する姿はより一層遺憾をかもし出した。

だが、愛は隠すことはできない。 結局ソ・ジュンは自身の愛を告白するためにお父親ソ・イナを訪ねて行った。 しかし“皆知っている。 好きな女がハナだろう?”というソイナの台詞を最後に放送が締めくくって近づく悲しい運命のうず巻きを予告した。

設定から完璧なハッピーエンドは不可能なドラマだ。 両親世代愛と子供世代愛が皆なされることができないためだ。 一つのカップルが結ばれようがでなければ二つのカップル全部結ばれることができなくても結局幸せなことはない。 一緒にキム・ユニの本名という‘悲しみ変数’がもう一つ存在している。 結局このように涙だけ流して悲しい結末で締めくくることになるだろうか?

‘愛の雨’演出者ユン・ソクホPD前作らの結末はどうだったのだろうか?

‘秋の童話’は主人公ソン・ヘギョが不治の病を直すことができなくて死を迎えて代表的な悲しい結末で終えた。 愛するソン・スンホンなどに背負われて最後を迎えたソン・ヘギョの姿は特有の清楚な映像美がより増して悲しみを極大化したという好評を受けた。

‘冬のソナタ’は比較的開かれた結末だった。 チェ・ジウとペ・ヨンジュンは胸が痛い別れなければならなかった。 ペ・ヨンジュンは目が見えなくなりながら姿を隠した。 だが、チェ・ジウが美しい牛島で偶然にペ・ヨンジュンと再会して二人の愛がまだ終わっていないことを暗示したまま幕を下ろした。

‘春のワルツ’は季節シリーズ最初に幸せな結末だった。 主人公ハン・ヒョジュとソ・ドヨンがウェディングマーチを上げて故郷に降りて行ってあれやこれやある愛を作っていってハッピーエンドで終わったのだ。

ユン・ソクホPDはいつも時代に似合った締めくり方式を選択した。 韓流ドラマらの興行公式はほとんどユン・ソクホPD手で作られたといっても過言ではない。 ユン・ソクホPDが今回はどんな結末を選択するだろうか? 初めから‘愛の雨’の感情線についてきた視聴者たちはどちら側片も入ることはできない。 幸せな結末になることにはならないだろうか?

[ニュースエン 2012-05-09 16:44:45] 元記事はこちらから

※もうここまできたら大衆の反応に試行錯誤することなく自分の思うまま貫けばよいのでは~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。