★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ’ラブ アゲイン’チョン・ヘス“デビュー13年目、真の俳優を夢見る”(インタビュー)
2012年05月06日 (日) | 編集 |
“子供に恥ずかしくない、大衆に愛される演技者になりたいです”

俳優チョン・ヘスが総合編成チャンネルJTBC水木ドラマ‘ラブアゲイン’を通じて3年ぶりにテレビ劇場視聴者たちを探す。

‘ラブ アゲイン’は去る2010年4月日本テレビ朝日で人気の下に放映されたミステリーメロドラマで‘グッドラック’、‘白い巨塔’、‘スキャンダル’等日本国内多数の話題作らを執筆した劇作家井上由美子の作品。 ここに‘宮’、‘帰ってきたイルジメ’、‘イタズラなKISS’等に優れた映像美と感覚的なドラマをお目見えしたファン・インレ監督の復帰作でもある。

田舎男女共学中学校卒業生が30年ぶりの同窓会のために集まって、純粋だった時期の思い出に映った現在の姿を直面することになる話を入れて出す予定だ。

今回のドラマでチョン・ヘスは劇中リュ・ジョンファンの妻オ・スジン役を担った。 中学校3学年の子供の教育のためにオフィステルで子供と別に生きながら生きるがむしゃらおばさんだ。

“本来静かできれいなイメージだったが今回のドラマを通じて初めて演技変身を試みました。 役割が警察だから強くて溌刺としたキャラクターになりそうな感じがしますね。 がめついママの姿多くの期待お願いします。(笑い)”

去る2009年10月結婚したチョン・ヘスは2010年12月トゥンニョ、その間芸能界活動を後にして専業主婦で生活してきた。 結婚後ある子供のママで家庭生活をしてきた彼が今回のドラマに出演することになった理由はファン・インレ監督が提案のためだ。

“‘宮’で一緒に呼吸を合わせたファン・インレ監督様の縁のために出演することになりました。 監督様がこういう作品があるといいながら話をしてくれましたよ。 初めてシノプシスを受けた時ものすごくおもしろいそうだと考えました。 ずっと次の回が気がかりだったんですよ。”(笑い)

だが、実際に出演を決めてみると幼い娘が目にありありと浮かんで心配も多かった。 その時そばで力を集中した人はまさに夫だ。

“子供が幼くてまだママの手が必要な時期じゃないですか。 それで撮影に入る前に赤ん坊に対する心配が多かったです。 すでに取っておいて撮影通うつもりに心配が大きいです。 だが、夫が‘何も気を遣わずにしたいことしなさい’として‘たくさん助ける’と言いましたよ。 夫の話を聞き終えると久しぶりのカムバックだが心だけは気楽にすることができそうだという自信ができましたよ。”

去る1999年放送したMBC週末ドラマ‘人の気持ちも知らずに’でデビューしたチョン・ヘスはその間ドラマ‘ホ・ジュン’、‘大長今’、‘宮’、‘宮S’、‘帰ってきたイルジメ’等大型の史劇作品に出演して顔を知らせた。 史劇をたくさんしたことだし現代劇が素早くぎこちない。

“その間した作品中に史劇が多かったです。 そういえば10年ぶりに現代劇をするようですね。 今回引き受けた役割がしてみることが出来ないキャラクターなのでまだ語り口や行動がぎこちないです。 だが、こういう力学を通じて真の演技者に新たに出たいです。”

引き続きチョン・ヘスは突然演技変身に対する負担感が大きかったと打ち明けた。 だから台本を見ながらキャラクターの真実性を感じようと努力したと。 久しぶりに視聴者たち前に立つだけに完璧な姿を見せてあげたかった。

“中学生を置いたお母さんらの心をよく分からなかったんですよ。 それで周囲にいらっしゃった家族や知り合いの方らに多くの助言を求めました。 幸い実際中学校3学年息子を持たれた外叔母が多くの助言をしてくれました。 その心情を理解するために本当にたくさん努力したことのようです。 まだ着実に研究中ということです。”(笑い)

このような彼女の努力は演技に対する絶え間ない渇望から始まったのだ。 すでにデビュー10年を越えたベテランだが彼女の演技欲は終わりがない。

“久しぶりに作品をすることと震えるけれどもときめきます。 結婚して子供を育てながらも演技に対する飢えがずっとあったことのようです。 それを解くことができる作品がすぐに‘ラブ アゲイン’と考えます。”(笑い)

それだけ今回のドラマは俳優チョン・ヘスの演技人生において大きい意味だ。

“結婚して初めてするドラマであるだけに愛情がさらに多く行くことのようです。 ‘妻の資格’後続作品だと比較になり得るという考えに負担感が大きいがうまくいきそうだという信頼ができました。 結婚後初めて出演するだけに今回のドラマが私にあたえる意味は大きいです。 感をなくさないために努力しています。”

いつのまにかインタビューの終わり、彼女はこれから一人の子供のお母さんとしてまた、俳優として最善を尽くすという整った覚悟と要請を伝えた。

“結婚する前とは明確に心がけが違うでしょう。 ママという事実のためにさらに堂々としているようになる演技者、子供に恥ずかしくない演技者、大衆に愛される演技者になりたいです。 スターよりは長らく大衆のそばにあるそのような演技者になりたいです。 愛情深い視線で見守って下さい。”(笑い)

長い無名の悲しみを踏んで今まさに真正性ある俳優で羽ばたきを始めようとするチョン・ヘスの未来を期待してみる。

[ヘラルド経済 2012-04-24 08:41] 元記事はこちらから

20120506-23.jpg 20120506-24.jpg

※名前のことには触れてないなあ。。。
3年ぶりのドラマ復帰はファンインレPDとのご縁って嬉しい! これで感を取りもどしていただいて次は宮2でぜひお会いしたいものです^^


20120506-25.jpg
2009年10月11日お式の写真~。

理解ある優しい旦那様とともに、妻として母として、そして演技者としてこれからもファイティ~ン!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。