★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 映画、ドラマ、小説…ミュージカルで服を着替える!
2012年05月03日 (木) | 編集 |
‘ワンソース マルチユース(OSMU)’作品ら、原作後光見るだろうか?

ミュージカルを話す時今はムービーカル、ドラマカル、ノベルカルなどの単語がこれ以上不慣れではない。 最近になって映画を原作にした‘ムービーカール(ムービー+ミュージカル)’、ドラマを原作にした‘ドラマカル(ドラマ+ミュージカル)’、小説を原作にした‘ノベルカル(ノベル+ミュージカル)’の熱風が激しい。 興行に成功すれば‘原作の再発見’、出来なければ‘退屈な懸念を食べる’になる我が国ミュージカル界の進化様相を覗いて見た。

映画とドラマ、小説などを原作にしたミュージカルが観客らの足を捕まえている。 2007年ムービーカール‘シングルス’を筆頭に‘美女はつらくて’、‘ラジオスター’、‘私の心のオルガン’、‘ブレザースケオリガール’、‘ウェディングシンガー’、‘ドリームガールズ’、‘ビリーエリオット’、‘キューティーブロンド’等が舞台に上がって人気を呼んだ。

このようなムービーカルの熱風はもう韓流熱風とかみ合わさって自然にドラマカルにつながっていて、最近ではノベルカル、エニカルで拡大する傾向だ。 このようにムービーカル、ドラマカルなどの量的膨張は‘ワンソース マルチ ユース’(One Source Multi Use)という現象でわずか何年間にその様相はより一層明確に現れている。 専門家たちは“OSMU(ワンソースマルチユース)時代を迎えてミュージカルもやはり多様なところでアイディアを借りてきて製作されている。 映画、ドラマ、小説は他の文化コンテンツと結合するのに良いジャンルでこのような流れは持続するだろう”と話した。

あふれるムービーカル、創作ミュージカルの代案?

最近国内ミュージカル発展の礎石は映画であった。 映画を原作にした別名‘ムービーカル’がミュージカル市場の新しい話題に浮び上がって国内創作ミュージカルの新しい代案で脚光を浴びている。 その間‘ワイキキ ブラザーズ’を始め多数の韓国映画がミュージカルで製作されてきた。 去る2007年‘シングルス’は初演以後6万人以上の観客を動員してムービーカル中最も成功した作品と評価されている。 後に続いてイ・ジュンイク監督の‘ラジオスター’と‘楽しい人生’、‘ダンサーの純情’、‘本当に本当に好んで’、‘私の心のオルガン’、‘美女はつらくて’、‘ガソリンスタンド襲撃事件’等が舞台に上げられた。 この外に興行に成功した‘バンジージャンプをする’、‘ワンドゥギ’、‘猛スピードスキャンダル’等の映画もミュージカルで製作されて観客らといつも準備をしている。 ‘ワンドゥギ’は現在の弘益大鍾路区、大学路キャンパス内に作っているミュージカル専用劇場開館作で準備中であり、年末に観客と会う予定だ。 ミュージカル‘ワンドゥギ’は2009年からミュージカル化作業に入って3年に近い製作期間を経たとのことが後聞だ。

このようにムービーカルが絶えず創作ミュージカルで再誕生されているのは高い認知度を土台に大衆になじむように近付きながら関心を誘導できるという点だ。 だが、原作の成功がそのままミュージカルの成功につながりはしない。 単純に原作の人気や有名税に寄り添ってミュージカルで企画、製作するならばこれは失敗の近道に違いない。 ムービーカルはすでに検証された映画があたえる硬いストーリーと基本的な面白味を保障するが、ともすると原作のイメージを損傷したり陰に隠れてミュージカルだけの魅力的な要素を引き出せない可能性もある。 また、時間・空間的制約が自由な映画を舞台に移すから話展開上なめらかでないこともあって、原作とミュージカルの間のメカニズムと表現方法の差にあってその限界性がそっくりあらわれたりもする。 一時ムービーカルの概念定義を置いて論議がおきたりもしたが大多数専門家たちは原作が何でもミュージカルのジャンル的完成度を高めるのがカギという指摘だ。 したがっていくら成功した映画としても映像美とストーリーの叙事性を勘案して企画するべきで、原作をそのまま再現した段階に留まるのではない、ミュージカルの特性の踊りと、歌、音楽の三拍子が適切に交わらなければならないだろう。

ムービーカルはその他ミュージカルに比べて歌手、俳優など芸能人参加比率が高い。 ‘シングルス’のイ・ヒョヌとソン・ホヨン、‘ラジオ スター’のキム・ウォンジュンとチョン・ジュナ、‘美女はつらくて’のソン・チャンウィとカラパク・キュリ、‘私の心のオルガン’のイ・ジフン、‘キューティーブロンド’の少女時代、ジェシカとエフ エックス ルナなどが代表的だ。 去る3月28日ブルースクエア サムソンカードホールで幕を上げた‘キャッチミーイフ ユーキャン’は同名のハリウッド映画を舞台に移した作品で俳優オム・ギジュン、パク・クァンヒョン、キム・ジョンフン、アイドル グループ スーパージュニア キュヒョン、少女時サニー、シャイニーキーなどが出演して現在の人気の下に公演中だ。 芸能人らのミュージカル進出ラッシュはミュージカル業界の好況が自然に続きながら可能になった。 これらは歌手と俳優出身という大衆の高い認知度を生かして観客らの足をひきつけている。 このように芸能人らのキャスティングはミュージカル市場に新しい活力を吹き込んで広報とマーケティング、投資を助ける。

だが、準備もならない芸能人らの無分別なキャスティングはミュージカル水準を下降平準化させるという憂慮の声も侮れない。 実力が不足することにも単純にスター性に依存していくつかの芸能人を主演でキャスティングするのは永らくアンサンブル、助演等を通してじわじわ実力を積み重ねた専門ミュージカル俳優の立つ場所を狭くさせるという指摘だ。 反面ミュージカル俳優出身らのTV芸能、ドラマ、映画での進出がラッシュを成し遂げて大衆的なスターで発足している。 オ・マンソク、オム・ギジュン、シン・ソンロク、キムムヨル、キム・ドンホなどをはじめとして最近映画‘建築学概論’とMBC水木ドラマ‘ザ・キング’で注目をあびているチョジョンソク、デビュー以後初めてJTBC水木ドラマ‘ラブアゲイン’でブラウン管にデビューするミュージカル界のスターリュジョンハンなどが目を引く。 イムテギョンとソニャもまたKBS 2TV芸能プログラム‘不朽の名曲’を通じて認知度をアップすることができた。

大衆になじむドラマを素材にしたミュージカルが相次いで製作されている。 韓流ドラマの代表作‘冬のソナタ’と‘大長今’、高い視聴率で空前のヒットを記録した‘善徳女王’がミュージカルで作られた。 ペ・ヨンジュンとチェ・ジウを韓流スターで作った‘冬のソナタ’のミュージカル バージョンは昨年原作ドラマを演出したユン・ソクホ監督が総括プロデューサーを引き受けて再公演されて注目をあびたことがある。 MBCドラマ‘幻想のカップル’、‘コーヒープリンス1号店’等が続けて製作されてお目見えしたし、ケーブルTVドラマで大人気を集めた‘無作法で食べたヨンエ氏’もミュージカルで生まれ変わって観客らと会った。 この他にも‘パリの恋人’、‘美男ですね’、‘王女の男’、‘マイ プリンセス’、‘ドリームハイ’等がドラマの人気と名声を継続する支度をしている。

この中去る2004年‘赤ちゃん行こう’熱風で染めた話題のドラマ‘パリの恋人’が最近ミュージカルで服を着替えた。 当時‘パリの恋人’は57.5%という驚異的な視聴率を記録して2004年三星経済研究所10代ヒット商品で選定、ドラマを越えて‘キラーコンテンツ’としての価値を認められた受けた。 このように去る4月5日ティキュブアートセンターでミュージカルで新しくお目見えした‘パリの恋人’は昨年末進行されたショーケースを通じて高いクオリティーをお目見えしたし、国内初演に続き日本市場進出を協議中にある。

一方、今まで国内で作品的でも興行に成功したドラマカルを探してみるのが難しい。 これは膨大なストーリーをミュージカル特性上2時間という時間に圧縮しなければならない困難と原作の多様なキャラクターを舞台の上で魅力的なキャラクターに生き返らせることができないと見られる。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’、‘ラ・マンチャの男’、‘西便制’、‘モビディック’、‘ウィキッド’等には共通点がある。 全部小説が舞台に出てきたいわゆる‘ノベルカル((Novel+Musical)’というのは漸移だ。 小説はかなり以前から演劇とミュージカルの人気コンテンツであった。 その間国内ではキム・フンの同名小説を原作にしたミュージカル‘南漢山城’、フィンランド作家アルトパシルリンナ小説を脚色した‘奇抜な自殺旅行’、チョン・イヒョン小説をミュージカルに移した‘甘い私の都市’、キム・ヨンハ原作の‘クイズショー’、神経熟考‘ママをお願いして’等が創作ミュージカルでお目見えしたことがある。 ノベルカルの援助はイ・ムンニョルの小説‘キツネ狩猟’が土台になったミュージカル‘明成皇后’で見ることができる。 この作品は10年超えて我が国代表創作ミュージカルで多くの愛を受けてステディーセラーミュージカルで席を占めた。 外国の場合‘オペラ座の怪人’、‘レ・ミゼラブル’、‘ロミオとジュリエット’、‘ノートルダム・ド・パリ’等も小説を原作にした作品が大きい成功を収めた。

今年国内にお目見えするようになる代表ノブルコルロは‘西便制’、‘モビディック’、‘ドクトルジバゴ’、‘ウィキッド’等を挙げることができる。 米国小説家兼詩人ハンマーはペルビルの小説‘モビディック’が根元になったミュージカル‘モビディック’はアクター-ミュージシャン ミュージカルを標ぼうして観客らの熱い呼応を得た。 特に、7人の俳優が演技と歌それだけでなく楽器まで演奏して風変わりな感動を伝える。 グレゴリー、マクワイアの同名ベストセラー小説を舞台に持ってきたミュージカル‘ウィキッド’オリジナル来韓公演が5月31日から漢南洞のブルースクエアで幕を上げる。 この作品はオズの魔女らに対する話で初演以後9年目ブロードウェーボックスオフィス1位を記録した作品だ。 ノベルカルの魅力は本の言語が舞台の上で派手な踊りと歌、演技で現実化された姿を見ることができて原作で感じることはできない新しい面白味と感動を直接体験することができる。

クロスオーバーは一つのジャンルにもう一つの他のジャンル要素が合わされて作ったのを意味して行きます、文学、公演、映画など文化系全般にわたってその範囲がますます広がっている。 国楽とラップ、バレエと急報ぶうんと背中互いに似合いそうでない異質ジャンルは絶妙の配合によってシナジー効果を発揮してポップペラ、ムービーカルなど新しいジャンルを作り出したりもする。 ‘クローサー’、’殺人の記憶’、’王の男 ’、’ウェルカムトゥトンマッコル’、‘笑いの大学’、‘恋愛戯曲’の共通点は皆が演劇で誕生した映画らというもの。

去る2010年ムン・グニョンの出演で話題になった演劇‘クローサー(Closer)’。 多くの大衆はジュリア・ロバーツ主演の映画‘クローサー’を先に思い出させるが事実‘クローサー’は1995年に初演された演劇を原作で1995年映画化された。 しばらく数多くの映画やドラマが演劇、ミュージカルで製作されるブームが起きながら‘ムービーカル’という新造語が生じ始めた。 大衆的に広く知られた作品らを舞台に移して舞台になじまなかった観客らに親近感を与えるためだ。 我が国の作品中には演劇‘実家ママと2泊3日’を例にあげることができる。 2009年初演されたこの演劇は実家ママというアイコンに対する熱風を呼び起こして、パク・ジニ主演の映画‘実家ママ’まで続いた。

ミュージカル界ジャンルのクロスオーバーもやはり例外でない。 韓国クロスオーバーミュージカルの始め格といえるムービーカル‘シングルス’はストーリーと音楽を結合させた新しいジャンルで観客らに新鮮な楽しみを与えて興行に成功した。 また、カンプル原作の‘あなたを愛しています’というドラマ、映画、アニメの三ジャンルを行き来する特別な感動で好評を受けたことがあって国内外ミュージカル界のクロスオーバー熱風は持続する展望だ。

[newsmaker 2012-05-03 15:53:30] 元記事はこちらから

※今後も観たいミュージカル目白押しですがワンドゥギミュージカル製作状況も気になる~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。