★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘愛の雨’チャン・グンソク-ユナ、愛おさめて毒舌‘陳腐だというより明らかだ’
2012年05月03日 (木) | 編集 |
“私たちもうそろそろ別れて” “突然なぜそうします? わたし本物に理解ができません”

5月1日午後KBS2月火ドラマ‘愛の雨’(脚本オ・スヨン、演出ユン・ソクホ)の12回が電波に乗った。 この日放送では父親のイナ(チョン・ジニョン扮)の初恋の相手がハナ(ユナ扮)の母親という事実を知って、衝撃に包まれたジュン(チャングンソク扮)の姿が照明された。

ジュンはハナを見る暖かくて愛らしい目つきをおさめて冷たく冷めたような感情を表現した。 それもそのはず初めて先に異性に近付いて好む心を告白、あれやこれや愛の感情を受け継いできた瞬間、ハナが自身の父親が一生を忘れなかった初恋の実の娘という事実を簡単に受け入れることができないことが当然であるはず。

先立って先月30日放送でジュンは何も分からないハナに突然離別を通知した。 合わせてこの日は“そのまま連れて遊んだこと”としながら抱擁をしながらも“本当に何の感じがない”とするなど鋭い毒舌を吐きだした。 もちろんこれは彼の真心でなく、自身を嫌うようにさせても愛の感情を断念するようにしようとする目的だった。

このようにこの日放送された‘愛の雨’という去る11回とは完全に相反した状況が演出された。 だが、この過程が突然だということよりは見る人々が引き続き念頭に置いた場面というものが劇に興味を落とす決定的な理由で作用した。 イナとユニ(イ・ミスク扮)が再会した時点から、いやはるかにその以前から四人のからまった四角関係はすでに予告された結果だから新鮮なことも、さらに驚くべきであることもない状況であること.

‘愛の雨’は劇序盤遅い流れと頂点に向かって走って行きながらも視聴者たちの感性を刺激できないために視聴率苦戦をまぬがれなくなっている。 2012年ラブストーリーを導いていく新世代ジュンとハナの話が反騰を持ってくるという製作スタッフの予想ははずれた。

ユン・ソクホ監督特有のずば抜けた映像美とあたかも絵や広告の一場面のような色感他には注意深く見るほどの点がないということが一部視聴者たちの指摘。 このような問題点は12回放送でそっくりあらわれた。 愛しながらも与えられた状況により毒舌で相手を押し出す男の主人公の姿は他の作品ら中でも多く見てきた場面だ。 だから‘愛の雨’もやはり替わらないということを証明したわけだ。

70年代愛と2012年代の愛が出動する時、ついに父親の初恋主人公が自身の初恋の母親という衝撃的な事実を知ったジュンの苦しさと切なさを‘愛の雨’の映像美のように特別に表わすことはできなかったかという残念な思いをする大きな課題だ。 かえって過度に明らかな流れで人物らの切なさが100%伝えられないのはもちろん、劇に没入をのろくという陳腐な流れがまた始まったという不安だということまで入るようにするという評価だ。

これで‘愛の雨’が予告した4角ロマンスがその本格的な開始を知らせた。 ‘どん詰まり’と‘爆弾’なしにその時期の純粋な愛と現在のいきいきとしたときめきを同時に表わすという本来の企画意図に合うように‘明らかさ’でなく‘特別さ’で視聴者たちの不安感を払拭させられるか成り行きが注目される。

[世界ドットコム 2012-05-01 22:51] 元記事はこちらから

時間がないのでとりあえずアップ~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。