★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アイドルグループ出身中古新人ソン・ウォングン、ミュージカルで‘人生2幕’開く
2012年05月02日 (水) | 編集 |
ドラマ‘宮’ OST歌ってミュージカル オーディションまで
‘パリの恋人’ユン・スヒョク キャラクターで人気集めて
ブラナン20代パラパラとTV・映画で挑戦欲も


ソン・ウォングン(30)は2000年アイドル グループ‘オピピエイ(OPPA)’で芸能界に足を入れた。 デビュー当時周囲で“君は歌手の顔でなく俳優の顔だ”という助言を聞いたが、神経も使わなかった。 ひたすら歌手で成功したかった。

運命は彼を無視した。 ラジオ生放送途中足首負傷にあってくるぶしに鉄心15個を打ち込んでグループ活動をたたんだ。 切歯腐心終わりに何回ソロレコードを出したが、世の中は中古新人に関心がなかった。 10年余りの歳月は空しく流れた。 幼い時の夢を成就するために20代を全て捧げたが、帰ってきたことは後悔とため息だけだった。

全てのものをたたんで普段してみたかった建築設計をするために関連書籍をいっぱい買っておいて学院登録を準備する頃、ドラマ‘宮’のOSTを歌って縁を結んだ音楽監督に電話一通を受けた。

“君、ミュージカル‘宮’オーディション見ない?”(音楽監督)

“私が何のミュージカルなんですか? 演技をして見たこともないんですが。”(ソン・ウォングン)

悩みの末に経験みなしてオーディションであるみたいにしようという考えに気軽に歌を歌った。 演出家が快くキャスティングしながら‘人生2幕’が始まった。

ミュージカル‘宮’に続き‘レント’等に出演して徐々にミュージカル俳優の地位を固めた彼は最近‘パリの恋人’でユン・スヒョク役にファンたちと会っている。

“あまりにも有名なドラマだったために圧迫感が激しかったんですよ。 ドラマでスヒョク役を担ったイ・ドンゴン氏と同じ雰囲気を出すかと思ってわざわざドラマを見ませんでした。 私のスタイルのとおりスヒョクを演技しなければならないですね。”

スヒョクの感情線は複雑だ。 叔父であり兄であり友人のようなハン・ギジュとの関係の中に愛する女性カン・テヨンを置いて三角関係を行うキャラクターは容易ではなかった。 嫉妬の感情に苦しみながらも愛の感情を表現しなければならない演技が手にあまった。

“もし私がスヒョクの立場ならば、テヨンを奪い取ろうとしなかったでしょう。 私はクールに認めるスタイルですね。 ところでこの作品をしながら心が少しずつ変わっています。 真に愛する人ならばいくら親しい友人課競争関係に置かれるとしても勝ち取らなければならないですね。 今はスヒョクの嫉妬を理解しそうです。”

歌手出身だとボーカルに自信がある。 ファンたちは彼を‘クルソンデ’で呼ぶ。 本来低音が強かったが、歌手生活10年をしながら高音の領域でも揺れることがない。 デビュー以来発声を三回も変えたが、一度も声帯結節にかからなかった程喉が丈夫だ。 18時間の間高音で大声を出してもその翌日も完全だ。

“デビュー初期にはゴマ油を塗ったようにとてもやわらかくて肥沃な声でした。 この頃は若干乾燥される干からびた感じがあるが、ミュージカル ナンバーを歌うにはより良いようです。”

20代に悲観主義に陥った彼はもう楽観主義者に変わった。 20代には不安だった。 今は幸せだ。 同僚、スタッフと情を積み上げながらなぜ一歩遅れてミュージカルに飛び込んだのか惜しいだけだ。 トップスターではなくてお金をたくさん儲けることができなくて認知度もないが、毎日毎日舞台の上で感じる成就感が良い。

“長い呼吸で俳優をするつもりですよ。 ミュージカルだけでなくTVドラマ、映画にも挑戦したいです。 本格的な‘人生2幕’を始めなければならないですね。” 5月30日までティキュブ アートセンター.

芸名ランたたんで実名呼んで下さい

“これからソン・ウォングンで呼んで下さい。”彼の芸名は‘ラン’だった。 今でもポスターには‘ラン’で表記されている。

何か良い芸名がないだろうかしばらく悩んでいる頃、プロ野球を見て電光掲示板に‘ホームラン’が浮かび上がるのを見て即席で‘ラン’で作った。 熱心に走るという意も気に入った。

“当初から私は実名が良かったです。 当時所属会社社長がやぼったいといって無理に芸名活動をしたことです。 もう実名で人生の勝負を見なければならないですね。”

[フォーカス新聞社 2012-04-25 22:56:09] 元記事はこちらから

20120501-4.jpg 20120501-5.jpg20120501-1.jpg 20120501-2.jpg 20120501-3.jpg

※えっ、宮のOST歌ってましたっけ(汗)。
なぜか検索でひっかからず教えていただきました記事。なんだか表情穏やかで心のゆとりも見られちょっとふっくらした?(笑)ソンウォングンとしてのこれからの歩みに注目です。


ああパリの恋人どないしよ~(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。