★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チャン・グンソク交通事故、'演技闘魂'という修飾語が不便な理由
2012年04月29日 (日) | 編集 |
交通事故に遭った。 直ちに治療を受けなければならない。 だが、応急治療後撮影会場へ向かう。 これが当然のことであろうか?

俳優チャン・グンソクが29日明け方KBS2 '愛の雨'撮影を終えて移動している間ガードレールに突っ込む交通事故に遭った。 これに当時彼が搭乗した車両は半破されたし、チャン・グンソクは大きい負傷はないとしても全身の打撲傷で苦痛を訴えたという。

だが、ドラマの忙しい日程に、結局チャン・グンソクは近隣病院で応急措置だけを受けて撮影現場に復帰した。 交通事故は事故当時の負傷ぐらい後遺症が恐ろしいので精密検査を受けることが原則だが、スターチャン・グンソクに許諾されないことだった。

このような'下石上臺'はただチャン・グンソクだけのことでない。 去る3月12日ソウルで1トン トラックと衝突する交通事故に遭ったキム・ソヒョンは、痛みを訴えながらもすぐにSBSドラマ'サラリーマン楚漢志'撮影会場に復帰以後病院へ向かった。

去る2月26日チ・チャンウクはソウル 江南地域でダンプトラックに突っ込んで額まで縫う事故に遭ったが、簡単な治療だけ受けた後にすぐに撮影会場へ向かった。 当時チャンネルAの'未婚の男性君の野菜店'ドラマ撮影がチ・チャンウクなしでは放送も大変な日程だったためだ。

だけでなく昨年MBCドラマ'君は私に恋をした'に出演したパク・シネは乗合車がガードレールを受ける交通事故で深刻な痛みに苦しめられたがすぐに撮影会場に復帰した。 しかし結局痛みを耐えることができなくて病院に入院してまた1週間ぶりに現場に戻った。

またSBSドラマ'武士ペクドンス'のユ・スンホは撮影現場に移動している間交通事故に遭って顔に骨折傷を着て近隣病院で応急治療を受けた。 しかし当日撮影だけを取り消した後にすぐに現場に復帰した。

またKBS2ドラマ'王女の男'ホン・スヒョンは肋骨が骨折するほどの交通事故に遭って車両まで廃車された。 だが、ホン・スヒョンは病院での7日間治療後撮影会場に復帰した。

普通こういう俳優らの復帰に対して'闘魂'という修飾語がつく。 俳優らのプロ意識に対する賛辞で'演技闘魂'だと呼ぶ。

だが、果たしてそうだろうか? '闘魂'という言葉で個人にだけ全部責任を転嫁してもかまわない現実であろうか?

なにとぞチャン・グンソクが大きくケガをしなかったら良いだろう。 そして当時には現場に復帰したがひょっとして交通事故後遺症で苦労するかも知れない他の俳優らも心配だ。 結論的に知らず知らず'死角地帯'に追い出される俳優が痛ましい。

[TVデイリー 2012-04-29 21:09] 元記事はこちらから

※大事なくてなによりですが、いくらスケジュール過密だろうとせめて当日くらいは安静にして欲しいものです(>_<)

前からですがホントに事故多いなあ。カクシタルの助演方々お怪我の状態どうなっただろう。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。