★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '愛の雨'ユン・ソクホPD "4部を4ヶ月の間撮ったが視聴率が.."
2012年04月28日 (土) | 編集 |
ユン・ソクホPDがKBS2月火ミニシリーズ'愛の雨'の低調な視聴率に対して"率直に惜しい"と話した。 その一方で"4部を4ヶ月の間撮った。 4ヶ月ならばミニシリーズ一つ撮ることができる時間"としながら"そのような愛着を持ってドラマを撮影した"という情熱も同時に見えた。

ユン・ソクホPDは'秋の童話' '冬のソナタ'等感覚的なドラマを作って有名な演出家だ。 それで'愛の雨'も少なくない期待を買ったこと事実だ。 だが、現実は冷静だった。 ユン・ソクホPDの感性は速度感ある話展開を望む視聴者の食欲をひきつけることができなかった。 平均視聴率も5~6%台を行き来して苦戦中だ。

ユン・ソクホPDは27日午後ソウル弘大のあるスタジオで開かれたドラマ撮影現場で取材陣と会って"視聴率と関係なしで1970年代の大切な思い出らを復元したかった"とした。

"世の中がますます荒くなるでしょう。 それと共にドラマも刺激的に変わって行きましたし。 私が生まれつき感性的なドラマ演出に愛着があるが、ドラマ均衡感覚のためにもこういうドラマは必要だという使命感のようなのがありました。 それで映像も映画作業のように精魂を込めたし完成度もあると考えましたよ。 ところでドラマの中愛が片思いに言葉がなくてどんなことも広がらないから現代的な観点で苦しくて大きい共感を買うことができないことのようです。"

ユン・ソクホPDは'愛の雨'で静かな実験をした。 1970年代と2010年代の話を交差した。 その上にイ・ミスク、チョン・ジニョンの中年ロマンスも組み合わせた。 構造は多層的だったがこれは毒になった。

"普通のドラマよりはお話一つでずっと押しつけるのに'愛の雨'はそうではないでしょう。 時代別に新しいエピソードが始まるとそのような面で損害をこうむったことのようです。 1970年代初期が多少ルーズで関心をのがしたりもしましたし。"

だが、ユン・ソクホPDは"'愛の雨'の感性が好きになって下さる方々があるだけにずっと努力するだろう"と期待を頼んだ。

'愛の雨'という1970年代ソ・イナとキム・ユンヒ、2010年代ソ・ジュンとキム・ハナの他の愛方程式を備えると見せてくれた。 チャン・グンソクとユナが1人2役に出てくる。

[イーデイリー 2012-04-27 16:53] 元記事はこちらから

※4部に4ヶ月ってすごい(>_<) こだわりすぎ~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。