★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ユン・ソクホ監督"'愛の雨'低調な視聴率、序盤から当惑の連続"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
KBS 2TV月火劇'愛の雨'(オ・スヨン脚本、ユン・ソクホ演出)ユン・ソクホ監督が低調な視聴率に対して物足りなさを表わした。

ユン監督は27日午前11時ソウル、上水洞ユンスカラー'フォーシーズンハウス'で取材陣と会って"視聴率が私の予想より本当にたくさん足りなくて放送序盤慌てて相変らず慌てている"と話し始めた。

'秋の童話' '冬のソナタ'オ・スヨン作家とユン・ソクホ監督の意気投合、韓流スターチャン・グンソク、少女時代、ユナの出会いで期待の中に去る3月26日初放送された'愛の雨'は去る24日放映分まで中盤部をすぎたが相変らず一桁数視聴率で苦戦中だ。

"放送前は視聴率が10~20%間はならないだろうか"と期待したというユン監督は"1970年代の話を4部まで見えたのが序盤進入に先入観を多くくれたようだ"として視聴率低調の原因が自身にあるということを打ち明けた。 "'愛の雨'に対して記者も放送会社も期待をたくさんしたが監督として申し訳ないのが多い"としながらぎこちなく笑った。

そうであるかと思えばユン・ソクホ監督は"'愛の雨'は後ほどDVDで人々にプレゼントしても恥ずかしくない作品になるべく周辺状況に揺れないで完成度あるようにさせるつもりだ"と覚悟を付け加えた。

[TVリポート 2012-04-27 14:06] 元記事はこちらから

※監督自身愛情を注いでこだわった70年代パートが視聴者離れの原因とは本人相当ショックだったろう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。