★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チャン・グンソク"突然の日本'グンチャン熱風',恐ろしかった"
2012年04月28日 (土) | 編集 |
俳優チャン・グンソクが日本列島に吹いている'グンチャン熱風'に対する率直な考えを伝えた。

チャン・グンソクは27日午後ソウル、麻浦、上水洞近隣で進行されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)現場公開で"日本での人気が率直に恐ろしかった"と暗示した。

彼は"日本で昨年'グンチャン熱風'が吹いた。 だが、俳優よりエンターテイナー、スターのイメージが強くなった。 今回の'愛の雨'出演もやはり俳優としてチャン・グンソクのトゥレンディハン イメージでない違う姿をお見せしたくて選択した作品だ"と話した。

引き続き"日本で突然そうな人気を見て'このようにうまくいってもかまわないのだろうか'という心配ができた。 日本でうまくいったら'韓国ではいつうまくいくことだが' '早く韓国でも人気を呼べ'等の圧迫があった。 もう25才なのに負担が大きかった"と付け加えた。

また、彼は"昨年日本ツアーを取り除いては日程を定めないで気持ちをなだめることをしていると考える。 日本で人気を得たから安全に今のイメージで変化なしに活動するのは私と合わないようだ"として"もちろん失敗をしなければ良いが、失敗をしても私はまだ幼い私だ。 私のスタイルのとおり新しいことにずっと挑戦をしたい"と今後の計画を伝えた。

一方チャン・グンソクは現在の放送中の'愛の雨'で艶がないフォトグラファー立った役を担って熱演を広げていて、来る5月30日日本正規1集発売を控えている。

[マイデイリー 2012-04-27 14:38] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。