★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '愛の雨',★と製作スタッフ汗の雫で作る現場(総合)
2012年04月28日 (土) | 編集 |
俳優らの努力と製作スタッフの汗の雫で'愛の雨'が作られた。

KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)が27日午後ソウル、麻浦区弘大近隣に位置した撮影会場を公開した。

この日劇中イ・ソノ(キム・シフ扮)のカフェ型病院'ホワイト ガーデン'が背景に、主演俳優チャン・グンソクとユナが真っ最中撮影中だった。 2人の俳優は撮影私は楽しく対話をして台詞を合わせてみながらも、本格的な撮影が入るとすぐに各々ソ・ジュンとチョン・ハナに完璧に没頭した。

ユン・ソクホ監督は俳優らに直接指導をするなど特有の繊細な演出をした。 他にも俳優らの没入、反射版入っている化粧を几帳面に取りまとめる製作陣など各々置かれた位置で心血を注いで一場面を撮影した。

撮影会場あちこちには製作スタッフの細心な部分が感じられた。 カフェ型病院という独特の雰囲気に合うように1階カフェには実際店をほうふつさせる程のメニュー、食べ物が配置されていた。

これと関連してユン・ソクホ監督はスターニュースに"ホワイトガーデン撮影会場はユンスカラー事務室を改造した。 弘大は皆騒々しくて繁華街を考えるかも知れないが、劇の雰囲気とよく似合って満足する。 他の所を行けば時間や違うものを顔色を見るべきなのに私たちの建物であるからそうしたのはない。 3年前に植えた白樺がすくすく育って美しい背景になってくれた"と話した。

また、ユン監督は"70年代、2012年、中年のロマンスまで初めて試みた部分らだった。 企画当時にはうまくいくと思った。 視聴率面で惜しいが、童話のような話を解いていくのは私の長所だ"と話した。

KBSドラマ局高位関係者もやはり"'愛の雨'は皆が期待した作品だった。 実際に結果が出て皆惜しんだが、頑張って撮影している。 雰囲気があまりにも良くて各自引き受けた分野で上手だ。 それでも作品自体に対して批判する人々はたくさんないから力が出る"と話した。

撮影会場周辺には日本ファンたちが静かに列をなしていた。 皆韓流スターチャン・グンソクとユナを見ようと集まったファンたちだった。 ドラマ製作関係者は"これらは深夜12時を越える夜が深い時間まで撮影が進行されても外に立って待つ"と話した。

撮影後チャン・グンソクは"視聴率は当然気になる。 ところが現場の雰囲気は非常に良くて'愛の雨'の場合は台本を先に受けてみたし、所属会社理事兄と多くの対話をした。 結論は一つであった。 日本で上手く行くと安全な道を行くよりは、私らしく冒険をしたかった。 大衆がご存知な'グンチャン'チャン・グンソクのピョンピョンはねるイメージを抜け出してまた他の姿の私をお見せしたかった"と話した。

ユナは"撮影会場の雰囲気は皆同じ年頃だと見ると良い。 '愛の雨'を通じてユン・ソクホ監督様の'ミューズ'で合流することになりうれしくて光栄だ。 劇中ママで出演するイ・ミスク先輩も気楽によくして、几帳面に演技指導をしてくれる。 これからたくさん習いたい"と話した。

一方'愛の雨'は1970年代と2012年を生きていく青春らの愛の物語を通じて時代と世代を超越した愛の本質を解きほぐす内容を入れた作品だ。

[スターニュース 2012-04-27 16:19] 元記事はこちらから

20120427-1.jpg

※グンソクくんのコメント"日本で上手く行くと安全な道を行くよりは、私らしく冒険をしたかった"、、、いろいろと思うところはあるようで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。