★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '愛の雨'チャン・グンソク、魔性復活"まさにグンチャンのよう!"
2012年04月27日 (金) | 編集 |
[キム・スジンの★共感]

'グンチャン'が復活した。

チャン・グンソクは放送中のKBS 2TVミニシリーズ'愛の雨'(演出ユン・ソクホ)で主役を演じて業界内外はもちろん日本などでも関心を集中させた。 韓流スターのチャン・グンソクの視聴率成績は期待以下であった。

'愛の雨'は放送序盤視聴率一桁数を記録して同時間帯最低という不名誉を抱いた。 20部作の'愛の雨'という去る24日まで総10回が電波に乗った。 ぴったり半分だ。 平均視聴率5.0%(視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチ基準). 残念な結果にならざるをえない。 同時間帯視聴率1等のMBC '光と影'は平均視聴率20%だ。

'愛の雨'は70年代を背景に愛を成し遂げられない男女の子供が現代に会って愛することになるという内容. チャン・グンソクは劇中70年代と現代を行き来する1人2役を演技中だ。

'愛の雨'の期待以下視聴率に対してある者は4系シリーズの有名演出家のユン・ソクホ監督のラブストーリーが現代的な感覚で見る時は陳腐だで指摘して、ある者はチャン・グンソクが70年代模範生スタイルを演技することがぎこちないと不満をならべた。

理由がどうなろうと、'愛の雨'関係者たちもやはりこのような指摘に対してうなずいている。 当初70年代を5~6回までグリル予定だったが4回に減らした。 5回からは現代に越えてきたチャン・グンソクとユナの愛の物語が展開している。

70年代背景で休むときはクラシックその他を打って、学業に熱心な模範大学生を演技したチャン・グンソクは現代に越えてきては"私は腹をくくれば3秒内に異性をそそのかすことができる"という容貌指向的浮気者フォトグラファーに変わった。 無彩色のようだったチャン・グンソクがスモーク香りを吹きだす'グンチャン'の姿に戻ったという評価。 '言葉で人失脚大会'に出て行けば1等しそうな毒舌と傲慢さの極限状態アイコンだ。

"一度も誰かにときめいたことない私だったが君が良い。 なので出てきてつきあわなければならない"という手のつけられない状態式愛告白もドラマではよく受け入れられる。 すぐ女主人公ユナの心臓もびくっと落ちてしまったほどだ。

今やはじめて'およそ最高'同じだ。 20代を象徴する代表アイコンで大衆の愛を受けている魔性を持った彼の魅力が今やあらわれ始めたのだ。

'愛の雨'製作関係者は"70年代に対する共感が形成されないで退屈だという視聴者たちの指摘を受け入れ、5回からはチャン・グンソクの魅力がそのまま生き返る2012年で時代をジャンプした。 今やはじめてグンソクの真価が発揮されている"と伝えた。

'グンチャン'チャン・グンソクの魔性が復活したのにかかわらず、すでに一度奪われた視聴者たちの注目はたやすく帰ってこないでいる。 低調な視聴率が惜しいだけだと関係者たちのため息だけ深くなっているだけだ。

[スターニュース 2012-04-25 15:42] 元記事はこちらから

20120426-3.jpg 20120426-4.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。