★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '赤道の男'-'愛の雨',同じ出発他の歩み..なぜ?
2012年04月27日 (金) | 編集 |
‘赤道の男’と‘愛の雨’が相反した歩みを見せていて関心を集めている。

現在の放映中のKBS2水木ドラマ‘赤道の男(以下赤男)’が序盤不振を脱離して最近水木ドラマの強者に浮び上がった中で月火ドラマ‘愛の雨’という本来の席でぐるぐる回る視聴率で下落傾向を抜け出せずにいる。

先月21日初放送を始めた‘赤男’は視聴率7.7%(AGBニールセン提供、全国基準/以下同一)を記録して次週初放送された‘愛の雨’が記録した5.8%よりわずか1.9%pの前では出発をした。

しかし10回まで放送された現在‘赤男’は13%を、‘愛の雨’という5.6%を記録して二倍以上の差を現わしていること。

先に‘赤男’は序盤子役らを登場させて善友(オム・テウン扮、子役イ・ヒョヌ扮)がなぜ復讐しなければならないかを充分に理解させた後成人演技者を投入、高い緊張感をかもし出してその中で咲くロマンスを描き出して好評を得ている。

一緒にオム・テウン瞳孔演技、イ・ジュニョク足演技などの修飾語を作り出した俳優らの熱演と硬い台本は底力を発揮する要因の中の一つ。

特に‘赤男’は放送前子役が8回まで登場する予定だったが5回から成人演技者らを投じる果敢さを発揮してはずみをつけ始めた。

これはオム・テウンをはじめとする成人演技者が劇中ソヌが33才になる9回から投入される予定だったが大学生年齢になった5回から撮影を開始、オム・テウンが予定になかった視覚障害者演技を披露しながら視聴率上昇の踏み台を提供したわけだ。

反面‘愛の雨’は四季シリーズを演出したユン・ソクホPDの‘予想されるロマンス’を描き出したという評価を得て5%台視聴率に留まっている状況。

‘愛の雨’は1回から4回まで70年代キャンパス ロマンスを美しい映像美とともに描き出して既成世代の思い出を刺激させようとしたが陳腐だという評から抜け出すことができなかった。

その上5回からは韓流スターチャン・グンソクとユナが広げるぐつぐつある青春ロマンスをお目見えして反転を試みようとしたがまだこの両者に挟まったチョン・ジニョンとイ・ミスクの典型的なロマンスは視聴者たちの共感を買うには不足した感じだ。

これに一部では2012年の話が先に始まって70年代エピソードは中間中間回想するシーンで代替されたらはるかに産んでいないかという主張も提起されていることが事実。

しかし今やお互いの心を確認したジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮)が自分たちのご両親のイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮)がそのように切なく懐かしがった初恋という事実を知らずにいるのでまだ葛藤が始まらなかった‘愛の雨’が‘赤道’について底力を発揮する可能性も排除することはできない状況だ。

結局前にどんな葛藤でどんなロマンスとエピソードを作ることが出来るかに視聴者たちの反応もついて行くことになるという展望.

一方火花散る複数と葛藤を予告した‘赤道’は今日(25日)午後9時55分に放送される。

[ファイナンシャルニュース 2012-04-26 02:14] 元記事はこちらから

20120426-2.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。