★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [キム・ヒョジョンのああだこうだ]月火ドラマ'愛の雨'はなぜこのように人気がないですか?
2012年04月27日 (金) | 編集 |
KBS月火ドラマ'愛の雨'が典型的な愛構図を見せて人気を得られずにいる。

"'愛の雨'はなぜそのように人気がないんだって?" "ユン・ソクホ監督の感覚が2012年には通じないか?" "穏やかで美しい映像が私と雰囲気が合ったのに人々がたくさん見ないみたいだ?"

周辺の人々がこの頃たくさん投げる質問だ。 最高の韓流スターのチャン・グンソク、ユナ(少女時代)が主人公で登場して、'秋の童話' '冬のソナタ'のような韓流ドラマを作った監督であり韓国ドラマ界の代価で呼ばれるユン・ソクホ監督が指揮するKBS月火ドラマ'愛の雨'。 ところで派手な修飾語を付けた俳優と監督が出す視聴率成績表はみすぼらしい。 始めて一ヶ月がみななって行くのに相変らず視聴率4~5%から抜け出すことができない。 去る23日にはチャン・グンソクとユナのキス場面が3回も出てきて強力な視聴者誘惑作戦を広げたが、視聴率は相変らず5%台序盤だ。 視聴者の心をつかめなかったという意だ。

途方もない期待を抱いて出発した'愛の雨'。 まだ見せることが多くはあるが一月ほど過ぎた今までのみすぼらしい成績表は何のためであろうか? まず70年代両親世代愛を見せた序盤部を調べよう。 今年のはじめドラマ愛の雨撮影現場で記者はユン監督に会って"2012年に70年代の愛が果たして通じるか?"と尋ねたことがある。 ユン監督は"70年代や2012年や愛の本質は全く同じだ。 ときめいて震えて胸が痛がる愛の本質には誰でも共感できるだろう。 70年代式アナログ愛にさらに多く震えようとすることもできる"と答えた。

ユン監督の話を思い出させて'愛の雨'序盤部を熱心に見た。 ところでまったく集中することはできない。 '誰でも共感できる愛'といったが'愛の雨'の70年代の愛は'誰でも予想できる明らかな愛'だ。 70年代両親愛と2012年子供世代の愛を見せるこのドラマで製作スタッフは自ら監獄に閉じ込められた気がする。 二世代の愛を備えるために70年代愛はひどく苦しさを強調するようだ。 好む人手もまともにつかめなくて胸の内さえ表現をできなくて誤解して交錯する。

製作スタッフは"その当時にはそうだった"と弁解するかも知れないが本来70年代愛した世代に尋ねると"その時もこっそりとすることはすべてしただろう。 逸脱もして"という話をする。 テレビ番組が普通の人々さえついて行くことができなかったという話だ。

この頃見せる2012年式愛はどうか。 個性があふれて果敢な試みが可能な2012年さえ'愛の雨'で相変らず典型的だ。 ハナの一言にソジュンはすねて、ハナはソジュンが好きなミホを嫉妬して誤解する。 お母さんの一言に傷を受けたソジュンはハナに会ってキスをしながら傷ついた感情を慰められる。 すでに多くのドラマでみた習熟した設定で場面だ。

ユン監督はどの時代にでも愛の本質は全く同じだといった。 愛の本質は一つとしてもその方式と色は多様だ。 '愛の雨'だけが見せることができる特別な色の愛が必要だ。

[釜山日報 2012-04-26 08:00] 元記事はこちらから

20120426-1.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。