★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [Ki-Z放送診断]史劇・ロコ熱風の中に…復讐劇真価発揮した‘赤道の男’
2012年04月22日 (日) | 編集 |
KBS水木ドラマ‘赤道の男('赤道')は色々な面で不利な立場に立っていた。 去る3月21日いっせいに新しい水木ドラマをお目見えした放送3社中キャスティングにあって最も派手さが減ったし、ストーリーもまた重くて落ち着いていて話題性で照らしていた。

やはり初放送では予想通り地図が流れるようだった。 初放送で‘ザ・キングトゥハーツ(‘ザ・キング’)’は全国視聴率16.2%を記録して前作の‘太陽を抱いた月(‘太陽の中月’)’の余勢を追い込んだし、‘オク跡継ぎ’は9.8%を、‘赤道’は7.7%に留まった。

しかし放送9回ぶりに‘赤道’は序盤2倍越えた視聴率を上げた‘ザ・キング’と上昇の勢いに乗って瞬間的に1位を守成した‘オクセジャ’を抜いて水木ドラマ1位を横取りするのに成功した。 12%の視聴率を上げて‘オクセジャ(11.4%)’と‘ザ・キング(10.8%)’を押したこと。 ‘赤道’が視聴者の注目をひきつけた秘訣は興味深い展開と優れた感覚演出そして俳優らの演技力など三拍子が絶妙に合致したという評価だ。

初めての部屋を控えてハ・ジウォンとイ・スンギの‘ザ・キング’そしてパク・ユチョンとハン・ジミンの‘オクセジャ’に比べてオム・テウンとイ・ジュニョクの主演の‘赤道’は話題性にあって大きい注目をあびることができなかった。 だが、結局ドラマの成否は派手なキャスティングにだけあるのではないということをもう一度悟らせたもようになった。

子役らの活躍もドラマの上昇の勢いに大きい部分を占める。 劇中オム・テウンとイ・ジュニョクの幼い時期は各々イ・ヒョヌとイムシワンが引き受けて演技した。 最近子役俳優が優れた容貌と安定感ある演技で注目をあびて劇序盤を安定感あるように導きながらかえって成人演技者が緊張でない緊張をする場合が増加している状況。‘赤道’もやはり子役らの名演技が光を放って序盤視聴者たちの目を引くことができたという評価だ。

俳優イ・ジュニョクは去る19日開かれたドラマ製作発表会で“後に非難を受けてもイムシワンが上手にして序盤を引っ張ってくれれば有難いようだ。 かえって私がたくさん負担になる程良い評価を受けたら良いだろう”と伝えたし、今月の初め記者たちと会った席で“イムシワンが劇序盤チャンイルを説得力あるようによく描き出してくれて視聴者たちに簡単に近付くことができた”として有り難く思った。

KBSですら大きい期待をしにくい状況であるだけに早目に自嘲混ざった雰囲気がぐるぐる回ったが視聴率10%を突破して逆転の自信を持つようになった。 去る9日KBSコ・ヨンタク ドラマ局長は記者と会った席で“序盤には視聴率が押されたが後半部には私たちが1位をするようだ”として期待感を表わしたことがある。

‘赤道の男’は交錯した運命に対抗して激しい生活を送る熱い欲望を持った二人の男の話を扱ったドラマだ。 2008年テレビ劇場を熱い雰囲気にした‘太陽の女’キム・インギョン作家の新作で、欲望と容赦を扱った‘太陽の女’の男バージョンで話題を集めた。 劇中キム・ソンウ(オム・テウン)は釜山最強の拳でサ高慢分は問題児だったが優等生イジャンイル(イ・ジュニョク)と友人になりながら夢を持つようになるが、自殺で偽装されたお父さんの死を暴いて結局ジャンイルの背信で視力を失い復讐を夢見て13年ぶりに帰ってくる。

‘赤道’の水木ドラマ1位彗星は最近史劇とロマンチック コメディが優勢な放送関係者に新しい変化をもたらした。 ‘オクセジャ’と‘ザ・キング’がトレンディーな素材で若い層を攻略したことと違い、荒くて強い話だが欲望という人間の感情の悲しい断面を安定感あるように描き出した‘赤道’は結局視聴者の深い共感を買った。

ある放送関係者は“線太い話で正面勝負ある挑戦であるだけに‘0 or 100’という多少懐疑的な見解が存在した”と耳打ちした。 結局びりで1等で状況逆転に成功した‘赤道’は結局トレンドに思うままにしない作家主義の欲と自尊心が表わした勝利と評価されている。

[国民日報 2012-04-21 13:18] 元記事はこちらから

20120421-8.jpg

※当然ザキングとオクセジャの対決と思いきや(爆)。
でもna_minさんのお気に入りだし建築学のオムテウン氏に太陽抱月シワンくんも出てるからチェックせにゃー。ともかく水木ドラマどれも面白いってスゴイ!


コメント
この記事へのコメント
そうだそうだと思って読んでいたら、最後に私の名前…ハハ毎週騒いでますからねー。バレてたか。

「復活」「魔王」大好き人間としては、どストライクドラマですわ。
骨太正統派本格復讐劇、まあ言葉は固いけど、要するにドキドキしておもしろいんです。

子役というか少年役も絶賛演技だったしね。ただ、大人役に代わるタイミング、もうちょっと後にずらして大学生役までやってくれたらよかったんだけど。オム・テウンの大学生役、ちょっと無理が…

ということで、「建築学概論」っていうの?気になってます。。。
2012/04/22(日) 06:53:29 | URL | na-mim #.2f6G2tk[ 編集]
ははは
無断でお名前だしてしまってスミマセン(爆)。
オムテウン氏はわたしも復活、魔王で大好きな俳優さんなので赤道は余力があればとは思ってたのですが高評価なあにより!チェック優先順位高めたいと思います~。

建築学概論、ほんとおすすめです。早く見ていただきたいなあ(^-^)
2012/04/22(日) 10:37:48 | URL | piroringo #rN1LClbI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。