★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 19禁‘ウンギョ’露出にだけ集中してはいけない理由
2012年04月21日 (土) | 編集 |
去る18日言論配給試写会を通じてベールを脱いだ‘ウンギョ’の露出程度が連日話題を産んでいる。

各種ポータルサイトには‘キム・ゴウン露出’、‘ウンギョ情事シーン’等刺激的な検索語が登場したし、これは公開前から関心が傾いた映画‘ウンギョ’の強力な露出程度を推察させて観客らのうわさが立っている状況。

だが、このような程度論議が映画に得になるのか実になるかは未知数だ。 その水準が‘陰毛露出’、性器露出’という刺激的な単語らと表現されて露出それ自体に集中する結果を産んでいるため。 実際に映画は俳優らの全裸露出をろ過なしで見せるが映画‘ウンギョ’で露出は‘見せること’それ以上の意味を持つ。

問題になる露出シーンは大きく二部分で交わすことができる。 高齢詩人イチョクヨ(パク・ヘイル)が裸体で鏡前に立つ場面と、劇中ウンギョ(キム・ゴウン)が若い時期のイチョクヨと彼の弟子ソ・ジウ(キムムヨル)と各々分ける情事シーンがそれ.

イチョクヨは‘国民詩人’と称賛受ける文学家で平穏な日常を送っている間突然現れた少女ウンギョに魅了されながら眠っていた自身の欲望に揺れる人物だ。

映画序盤高齢詩人イチョクヨが裸体で鏡前に立って無力に自身の姿を眺める場面で彼の性器が素早く露出したし、あえてそのような必要があったという論議を産んだ。 だが、この場面はこの自体で映画の主題を包括する。 10代少女に欲情を感じるが現実では肉体的に衰えた70代老人であるだけのイチョクヨの無力さを象徴的に表わすため。

それだけでなくこの場面は後でソ・ジウと激情的な情事を交わすウンギョをこっそりとのぞき見して怒りに包まれるイチョクヨの感情演技により一層インパクトをのせてくれたりもする。 性機能が喪失になったと考えられる老年にも欲望は相変らず人間を支配して理性のひもはその欲情を押さえ込む。 年を取るということと欲望に対して話をする映画で女優の肉体と俳優の性器露出が単純な話題追求のための装置で見るには無理がある理由だ。

‘ウンギョ’は露出の他にも映画的魅力でぎっしり埋まった映画だ。 どうしても膨大な量の小説を映画に移して見たら台詞が含蓄的で詩的だ。 詩的な台詞は映画‘ハッピーエンド’と‘モダンボーイ’等で繊細な感情表現と流麗な映像美をお目見えしたチョン・ジウ監督の演出力と交わって原作小説とは違った映画‘ウンギョ’だけの魅力を表わす。 パク・ヘイルは"カメラの前に立っていればモニターを通して見せる背景が詩一節のように映像美が感じられた”と明らかにすることもした。

‘ウンギョ’は絶対露出だけが残る映画ではない。 全裸露出演技を消化した女優キム・ゴウンが“映画を見れば露出場面がストーリーの流れで事件の輪役割をすることということを分かることと考えたので大きい負担はなかった”と明らかにしたことでも知ることが出来るように露出はこの映画で欲望という主題を表現するための必須不可欠な選択であったし、映画はかなり賢くきわどい程度を行き来して観客らと心理戦を広げる。

一方'ウンギョ'は来る26日封切り予定だ。

[OSEN 2012-04-21 08:00] 元記事はこちらから

※これから公開で気になる映画はこれとキムミンジュン氏の'後宮'、ガンウくんの'金の味'、、、ってみんな19金か?(爆)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。