★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ウンギョ'若い官能に魅惑される悲しい老人をご存じですか?(レビュー)
2012年04月21日 (土) | 編集 |
▼あらすじネタバレ含まれますのでご注意を

偉大な高齢詩人イチョクヨ(パク・ヘイル)の家、デッキにある椅子に真っ白なのが横になってすやすや寝ている。 その真っ白なのは夜明けにつゆを食べた草のようにしっとりとしたしさわやかなほどだ。 瞬間イチョクヨの死んでしまった若さがまたぱんとになり始める。

ロッキング チェアで寝ていたハンウンギョ(キム・ゴウン)は人の気配にびっくりして目を開いたし前にある古くなったことに"どなたですか?"と反問する。 イチョクヨは自身の家に無断侵入したウンギョに怒ることができなくても"そのような君は誰か?"として不思議そうに尋ねる。 ハンウンギョは"、するお父さん家なんですか? チナガダガヨ、この椅子に座ってみたいですので。 あそこはしご乗って入ってきました。 それではこれくらいにして行きますね。 さようなら"としてはしごを通じて草々消えた。

パク・ヘイル キムムヨルキム・ゴウン主演映画'ウンギョ'(チョン・ジウ監督、チョン・ジウフィルム製作)は段落の尊敬を一体に受ける70代詩人イチョクヨと彼の天才的な才能を嫉妬した30代弟子ソ・ジウ(キムムヨル)の間にさわやかな若さと妙な官能美を持った女子高生ハンウンギョが現れながらイチョクヨには欲望を、ソ・ジウには劣等感を呼び起こす葛藤を描いた痴情メロだ。 パクボムシン作家の渇望3部作中一つの'ウンギョ'を原作にした。

20120421-4.jpg 20120421-6.jpg 20120421-5.jpg


ハンウンギョはイチョクヨの家で一週間に一度清掃するアルバイトを始める。 初めにはイチョクヨも突然押し寄せる感情を持て余せないまま結局偉大なチェシン頭を置いてしまう事態を迎えた。

広場でハンウンギョを待って彼女がはしごを乗って入ってくる声が聞こえて、あたかも常にその場にいたようにいち早く家の中の椅子に座って孤高に本を読むふりまでする。 ときめく少年イチョクヨで偉大な詩人イチョクヨを包装をしようとする姿が可愛いほどだ。

こういうぎこちないこともしばらくイチョクヨはますます自身の心を隠さないでハンウンギョに表現する。 ハンウンギョがひょっとして大変だろうか代わりに清掃をしてさらにスチーム掃除機まで買ってくれる姿は'大略難堪' '壊す~'など感嘆の声を上げるようにした。

こういう変わった姿はソ・ジウに一番最初に見つけられる。 偶然にイチョクヨの家で寝ることになったハンウンギョがイチョクヨの寝室から出る時ソ・ジウは妙な嫉妬と欲望で捕われて煮立つ鍋のように変わってしまう。

ささいなサンドイッチ一つで幼いハンウンギョに"君が先生に対して何を分かって"と怒るなど自身が尊敬する高貴な対象を変質させる幼いものを不適当だと考えて小心の極限状態を見せたりもする。

結局劣等感を持て余すことが出来ないソ・ジウはイチョクヨが書いた'ウンギョ'を盗むことになって師匠の愛らしいミューズハンウンギョをむさぼって若さを誇示する。

イチョクヨはこういうソ・ジウに"君たちの若さが君たちの努力で得た上ではないように、私の老いることも私の誤りで受けたハチでない"として厳しい忠告を放つが星の意味を悟るのに10年もかかった情けない工大生弟子はこれを知ることができない。

一方、ハンウンギョは自身を美しいと考えた対象がソ・ジウと勘違いして孤独に苦しんだ心情をなだめてみようとする。 だが、精神的むなしさは満たされるわけがなくてすぐイチョクヨの真心を知ることになる。

映画最後、8分余の間続くロングテイクでハンウンギョは初めてであり最後にイチョクヨに対する感情を表わす。

ハンウンギョは壁を眺めて死んだように横になっているイチョクヨを抱いて"ウンギョを美しく書いてくれてありがとう。 私は、私がそんなに美しい子供と知らなかった。 本当に何も知らずにバカのようにふるまいました"として懺悔するように許しを請うた。

ハンウンギョが去った古いイチョクヨの世界では、くしゃくしゃになったしわやしみに覆われた顔に涙が流れて"さようなら、ウンギョヤ"という独白で強烈な仕上げをした。

初めにはベストセラーの作品を映画化するという点が不らちでとても鈍く見えることさえした。 小説という巨大な想像の中のスクリーンをわずかなフィルムなどで入れることができないという考えだった。 だが、映画'ウンギョ'は小説と違ったこくでまた他の活気を吹き込んだ。 まさにキャラクターの重量感を調節したという点。

官能の娘ハンウンギョをふっくらと飛ぶ少女で作ったし師匠の才能を嫉妬するソ・ジウをもう少し人間的に作って観客らを簡単に没頭するように助ける。 また重くて権威的に感じられた老いたイチョクヨを素直に表現しようと努力した。

また、このような原作の変奏を3人の俳優が完全に自分の任務を全部してくれた。 'ハッピーエンド'を演出したチョン・ジウ監督の繊細な演出で一本のウェルメイド映画が誕生した。青少年観覧不可に26日封切り。

[TVリポート 2012-04-21 11:39] 元記事はこちらから

老人の悲哀に鼻の奥がツ~ン;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。