★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ウンギョ'キムムヨル"パク・ヘイル、私には高く見える壁" [インタビュー]
2012年04月21日 (土) | 編集 |
初めには他の人だと思った。 映画の中で嫉妬と劣等感そして怒りでいっぱいである目つきを吹き出した人が合うようなほどだったためだ。

"こんにちは"と低く挨拶をしてきた俳優キムムヨルは映画'ウンギョ'中劇中人物のソ・ジウが全く浮び上がらないほど優しい青年だった。

劇中ソ・ジウは手に届かない師匠の偉大な高齢詩人イジョクヨ(パク・ヘイル扮)の才能を渇望する覇気あふれる小説家。 自身と師匠の間に突然に入ってきて自身が持てなかった師匠の愛を一人占めするウンギョ(キム・ゴウン扮)に対する複雑な感情を持っている人物だ。

あまりにもに色々な感情が多いから演技するにも難しかったはず。 キムムヨル自身もソ・ジウ演技をしながら何か言葉で表現するのが難しい感じがする時があったと伝えた。 それならキムムヨルはなぜこの作品を選択したことであろうか。

20120421-2.jpg 20120421-3.jpg


去る19日三清洞のあるカフェでOSENと会ったキムムヨルは'ウンギョ'のメガホンを取ったチョン・ジウ監督に対する信頼が大きかったためだと明らかにした。 チョン・ジウ監督の演出作'ハッピーエンド'を見てすごいファンになったと。

"監督様に対する信頼が大きかったし映画'ハッピーエンド'を見た時ファンになりましたね。 それで監督様が'ウンギョ'演出をするといった時するべきだとの意志がありましたよ。 また、映画がしたかったですね。 そして撮影ずっと'私がこの映画を一緒にしたかったんだな、監督様と一緒にしたかったので良かった'という気がするほどでした。 最後の撮影をする時むくこともそのような気がして本当に幸せでした。"

'ウンギョ'の初公開以後評壇では連日キムムヨルに対する賛辞があふれた。 本当に言葉どおり'言葉で表現しにくい'感情らまで消化しながら前作'最終兵器弓'中の姿より一層発展した姿を見せたため。 彼がこのように感情演技をやり遂げることができたことは'ウンギョ'の原作者パクボムシン作家が彼に渡した一言話のためだったという。

"私が映画の中で小説家じゃないの。 私の周囲にはお母さん抜いて文人は誰もいないですね。 お母さんも事実私には文人だということよりはお母さんでしょう。 それで心配が多かったです。 師匠の才能を嫉妬して愛して女子高生と愛を分かち合うことになって成功のために走って行く人物。 とても難しいでしょう。 ところでパクボムシン作家様が一語言われましたよ。 '芸能人らの心には全部ソ・ジウがいる'と。 本当に多くのヒントになりました。 ソ・ジウという人物の感情は皆が体験した過程で体験している過程ですから。 そしてあの自体も劣等感が多いですのでそんなことも役に立ちましたよ(笑い)。 先生お言葉一言が私に簡単に近づきました。"

キムムヨルのお母さんは小説家パク・ミンヒョン氏だ。 キムムヨルは劇中小説家役割を受け持ってお母さんから多くの助けを受けたと何回も明らかにしたことがある。 お母さんのどんな体面を保って彼は助けをたくさん受けたことであろうか。

"お母さんは補助作家の方と行き来しながら2人だけの姿を表わさないです。 遠くからお二人様の姿を見ていれば両者に幽玄な感情があるとのことを感じることになります。 かんしゃくが混ざっていながらも笑っていて互いに好んでいること同じながらも戦ってのことですよ(笑い)。お母さんを見ながら純粋文学に対するあこがれもできることになったし習うことになったしお母さんが少女的な感性と情熱を持ったまま生きているのもうらやましいです。 若い私がそのように生きなければならないけれど(笑い)。 時々は無謀な時もあって心が痛いよ。 本当にたくさん習いましたよ。"

'ウンギョ'は連日出演俳優らの露出で話題を集めている。 特に劇中パク・ヘイルの性器露出とキム・ゴウンの陰毛露出は大衆の関心を引いてあるオンライン ポータルサイト検索語1位に上がるまでする気炎を吐いた。 だが、露出に集中していては'映画の味'を逃すことができる。 詩人の欲望を扱って見たら映画の中には心に響く詩の一節、一節が随所に登場するためだ。 多分俳優らも撮影をしながら詩の魅力に抜けなかっただろうか。

"幼いころ詩をたくさん読みました。 好きな女の子に詩を書いて送った記憶も浮び上がりましたよ(笑い). 詩をたくさん読もうと努力しました。 詩というのがそのまま読めば一日に一冊を読むのに一日に一つに感じられるのがあって吟味して楽しんでそれは純粋に私だけのことになることじゃないの。 その時間、感じがとても良かったんですよ。 今日もチョン・ジウ監督様に詩一編を文字に送りました(笑い)。"

映画を撮影しながら、そしてお母さんの姿を見ながら純粋文学を憧れることになったというキムムヨル。 舞台に対する話をする時は目が提灯提灯光ったりもして'真に感性的な人だな'気がするように作った。 自分自身も感性的な人とし俳優には'感性'というのが重要で考えると伝えた。

"私は本来感性的な性格です。 俳優として感性的な部分を重要視余技でしょう。 大層映画を見ながらよく泣きます。 ヘイル兄さんの演技を見ながらも泣いたことがあります。 映画'心臓がどきどきする'でヘイル兄さんの台詞一言においおい泣きましたね(笑い)."

パク・ヘイルのセリフ一言においおい泣いたというキムムヨル。 彼は前作'最終兵器弓'に続きパク・ヘイルとまた、一度呼吸を合わせることになった。 それだけ長時間パク・ヘイルをそばで見守ってきたのに。 彼がみたパク・ヘイルはどんな人であろうか。

"ヘイル兄は俳優として驚くべき人です。 私と5才差の外に出ないのに高く見える山で高く見える壁でしょう。 毎作品を見る時ごとに期待したこと以上で立派なようです。 容貌もまた、子供の父とは信じられないほどです(笑い)。 ある時はおじさんらしいしゃあしゃあすることもあってある時は現場を指揮する司令官の役割正確にする時もあって思慮深くて配慮深いです。 本人が十時間扮装をしてきて他の俳優ら、スタッフらを用意して冗談を言う姿を見ながらカメラの前での俳優の姿と外で生きていく人間の姿を見ることになりました。 二つの作品ずっとヘイルお兄さんにたくさん習いましたよ。"

それならばキムムヨルが見る新鋭キム・ゴウンはどうだろうか。 キム・ゴウンは今回の作品を通じてデビュー作にもかかわらず破格露出を敢行して話題を集めたことがある。 キムムヨルは難しい決定繋いだのにして有難いという話しかけた。

"難しい決定であったのに決めたこと自体がすごいことをやり遂げたようです。 そしてそれを期待以上にとてもよくやり遂げましたし。 現場でも初めての作品だとミッキョジジしないほど没入も、吸入力がものすごく出ましたよ。 特に最も驚くべきだったのは親和力です。 現場を自分の家のように縫って通いましたよ(笑い)。 後日には'私がキム・ゴウン映画を作るのに遊びにきているようだが'という感じまで聞きました。 コ・ウンが現場で寝て起きて'兄さん来ました'するのに本当にすごかったんですよ(笑い)."

キムムヨルはファンたちと共にする'ウンギョ'ショーケースでびっくりシックスパックを公開したことがある。 当時公開理由は俳優チャ・インピョのためだと。 いったい何の理由があったことであろうか。

"肉と筋肉を抜こうと努力をしました。 そのように考えたのが初めには肥大で脂肪質が多いソ・ジウを考えたが家事する人がそのように肥大しないでしょう。 それで筋肉を抜きました。 シックスパックを公開したのは映画が終わってまた作ったことでしたよ。 事実その時チャ・インピョ先輩が出てこられた'ヒルリンキャンプ'を見て感性が充満した状態でした。 多くの方々がショーケースに訪ねてきて下さったが'腹筋が大きい数か'こういう気がしましたよ。 本当にきて下さった方々に感謝申し上げます。 個人的に運動が好きです。 幼いころは時代票(表)で陸上大会に出て行ったりもしましたし。 バスケットボールも好んでテコンドーも有段者ですカンフーも有段者です。 からだ作ることが重要なのが俳優として見せなければならない姿のために着実に管理する次元で運動を楽しみます。"

彼は去年最高興行作'最終兵器弓'で1人の女性に向かった純情男ソ君役に登場して観客らに深い印象を残した。 俳優として700だけが越える作品に会うことは容易ではないことであることもあるので彼はその喜びをまともに享受することができなかったこと惜しいと伝えた。

"本当に'最終兵器弓'は感謝した作品です。 その年最高興行作に出演したとのこと自体が慶事のことなのにその当時には楽しめないようです。 当時授賞式の時私が映画'作戦'を通じて新人賞候補にノミネートされたんですけれど。 そうなると他の候補でノミネートにならないね。 事実賞を受ける期待もしなかったんですってば(笑い)。 チョン・ジウ監督様が私に'こういう機会、こういう瞬間はこないかも知れない。 この瞬間を楽しめ'でおっしゃられました。 本当に十分に楽しめなかったのが惜しくて他の人々にからかいながら'酒買って差し上げましょうか'してみるだけのことはあったがとても楽しめなかったことのようです。 自分自身をほめる時間がなかったことでしょう。"

'ウンギョ'を通じて'俳優キムムヨルの開始は今から'という評を聞くキムムヨルは長らく残る俳優になりたくてした。 これは俳優イ・スンジェの講演を聞いて感じた点が多かったためだと。

"永くする俳優になりたいです。 イ・スンジェ先生の講演を聞いた時感銘を受けましたよ。 先生が当時にずっと演技が上達しているということを感じる時幸せだといわれました。 先生は常に国語辞典を持っていられますが。 発音を違われなくなるつもりですよ。 後輩として感動的な時間でした。 私も後輩らに教える存在でなく方向になる存在になりたい欲もあって長くしたいです。 私も台本を置かなければならない時がくるでしょう。 物理的な年齢もあって現実的状況もあることです。 だが、ずっと最善を尽くしたらいいですね。 そして演技が少しずつ増えたら良いよ。"

[OSEN 2012-04-21 08:38] 元記事はこちらから

※キムムヨル氏は太陽抱月のソル役ユンスンアさんの彼氏~。今度日本のスリルミーに出演されることもあり記事アップ(爆)。というかこの'ウンギョ'、映画館で予告観てむちゃ気になってたんです(>_<) もう4/26から公開ということで今週末観られるのかな? 次回突撃しよう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。