★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル'ドクトルジバゴ'の屈辱…チョ・スンウなどスター出演にもチケット71%割引
2012年04月19日 (木) | 編集 |
今年前半期最高話題作の中の一つはミュージカル'ドクトルジバゴ'であった。 100億ウォンを越える製作費を入れて1月から長々6ヶ月の長期公演を継続しているところにチョ・スンウ、ホン・グァンホ、チェ・ヒョンジュ、チョンミド、カンピルソクなど主演俳優重量感も格別だった。 最近興行で停滞した姿を見せたこの作品が17日ソーシャルコマースのチケットモンスターで半額に売れる屈辱にあった。 17日から29日まで12回送が商品に上がってきて週末VIP席は13万ウォンが6万5000ウォンで50%半額に売れたし、平日A席の場合、7万ウォンが2万ウォンで割引率が最高71%まで上がった。

チケットモンスターなどソーシャルコマースではその間公演チケットが何回も売れたことがあるが最高額13万ウォンの大作が売り物に上がってくる事例は多くなかった。

チョ・スンウが出演する公演がこのような'割引販売'に出たのも類例がないことだ。 'ジキルとハイド' 'ヘドゥウィク' 'マン・オブ・ラ・マンチャ'など2006年以後彼が出演する公演はVIP席はもちろん2階や3階に位置したS席、A席も追加金(チップ)を与えて救わなければならない程記録的な興行を受け継いできた。

軍除隊後復帰作の昨年の'ジキルとハイド'と'ゾロ'も各々年間・年末興行1位を記録して侮れない火力を自慢したことがある。 だが'ドクトルジバゴ'は公演2週間前主演を交替して緊急投入されたし、3ヶ月公演された'ゾロ'に続く引き続いた出演の上に作品性に対する評価も交錯しながらチョ・スンウとしては体面を台なしにすることになった。

この日売れたチケットは座席数でだけ見ればユーリー・ジバゴ役を分けて引き受けたホン・グァンホ主演の公演回送が多かったが、チョ・スンウ公演のチケットも一部A席が含まれていた。 半額割引に力づけられてこのチケットは17日商品が上がってきた後半日万人午後2時頃総2033枚中1600余枚が売れる珍記録をたてた。

[毎日経済A35面2段 2012-04-17 17:03] 元記事はこちらから

20120418-4.jpg

※わたしはVisitSeoulでチケットチェックしてますがたしかにチョスンウ氏の日でも楽勝にチケット取れる状態で驚きです。おそらく平日では空席も目立つでしょうしそんな中で毎日興行を続けるって相当な精神力が必要だ。ジバゴ、見れば見るほど余韻が雪のように降り積もっていい作品だと思うけどなあ。ジバゴチームファイティーン(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。