★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ウェストアンド・ブロードウェー夢見るミュージカル‘ドクトルジバゴ’
2012年04月19日 (木) | 編集 |
切なる歌にのせられた三人の男の愛、1人の女性と観客をひきつける

ラリサ・アンティポバ(ラーラ),この頃言葉で表現すれば'椅子女'ぐらいなる。 男1号、裁判官コマロブスキーは彼女を欲望する。 幼くて貧しい少女に清閑一曲の踊る。 ララは流れる音楽に惹かれて彼にからだを任せる。 男2号、若くて学識あるパーシャは革命を夢見る。 後で無慈悲なボルシェビキ幹事に変わるが彼にラーラは以上より守りたい妻だ。 最後に残るとまさに3号、医師であり詩人のユーリー・ジバゴだ。 彼にララは詩的インスピレーションだ。 “私の空の胸を満たしたあなた手差し出せば消えるといっても、君は咲く花のように燃え上がる花火のように私を自由にして。 太陽燃え上がるようにして。 私のすべての苦痛を消えるようにして。 明日はこないかもしれない。 言いたくて。 話してもかまわないだろうか。 愛.して.る. これ以上隠すことができなくて。”男3号のセレナーデに結局ラーラはジバゴの手を握った。

三人の男の空いたところを満たすラーラの魅力は?

 第1次世界大戦とボルシェビキ革命、ミュージカル'ドクトルジバゴ'の背景は重い。 戦争と闘争が劇を置かない。 愛も戦場中で、憎しみも闘争処中でも可能なことだ。 ひたすら軽いだけではない舞台. しかし新春数プロデューサーは数ヶ月前製作発表会で“背景は単に背景だけ、この作品で最も重要なのは1人の女性を愛した三人の男の話”であることを明確に明らかにした。

 モスクワ富豪の息子に生まれて8才に孤児になったユーリー・ジバゴはクロメコガの娘トーニャと結婚を約束する。 反面ロシア高位裁判官コマロブスキーと願わない関係を結んだララは何年後革命家のパーシャと結婚するが、過去の傷と突然戦争が彼女をより一層痛くする。 軍医官で参戦したユーリー・ジバゴと夫を探して従軍看護師になったララは部隊で会う。 そして一気に愛に陥る。 だが、戦争の終息は混乱だけを産んだ。 出会いと離別の曲折の中に危険に愛を続けるこれら. 社会的痛みがまもなく個人の痛みになる時代でユーリーとララの愛はかわいそうだ。

 しかし残念な人が二人ももっとあったので、彼らはすぐにパーシャとコマロブスキーだ。 パーシャはお金によって蹂りんされたララの過去に衝撃を受けて、戦争の狂気に飛び込む。ジバゴのそばでは笑うララの姿に遠い足元で見守るばかりだった彼は、死を目の前に置いてラーラを叫んだ。 反面他の一人の男コマロブスキーはラーラには憎しみそのものだ。 ラーラは彼に銃口をねらったこともある。 しかしコマロブスキーはこれに意に介さなくてラーラのそばをはいかいした。 その姿ははやり言葉で少し'太るがを'するとみられるか、最後にラーラを救う者が結局コマロブスキニー私の持分はすべてしたわけだ。

 どうしてそれぞれ違った三人の男が1人の女性にこのように首を持つことになったのか。 ラーラの魅力は何だろうか。 これを悩むならば160分も不足する。 推測すれば彼女はジバゴが持つことが出来ない勇気、パーシャが持つことが出来ない安定感、コマロブスキーが持つことが出来ない純粋さを同時に整えたためだ。 だからだろうか。 彼女のキャラクターが少し非現実的に感じられるのも事実だ。

キャスティング度重なって俳優・舞台安定感高まって

 'ドクトルジバゴ'は来る6月3日、約5ヶ月間の大長征を終わらせる。 韓国舞台は初めてだったので序盤には少しふらつくこともした。 だが'映画は封切り初日に、舞台劇は閉幕直前に見なければならない'という真理がそっくり通じるように'ドクトルジバゴ'はある漏れているか席を占めた。 キャスティング翻意終わりに開幕4週前緊急投入されたチョ・スンウが救援投手としての役割を正確にしていて、憂慮の中にキャスティングされたラーラ役のキム・ジウもやはり比較的安定をさがしていきつつある。 ホン・グァンホが演技する別名'ホンバゴ'とチョンミドが演技する'ミドララ'は安心して見ることができるキャスティングだと呼ばれて観客に認められた。 極度に真剣で観客に生硬さを与えた場面らも会を繰り返すほど負担を減らしていきつつあるという評価だ。 しかも“韓国観客は音楽性が優れた作品に拍手を惜しまない”というシンジュンスプロデューサーの予測らしくミュージカル ナンバーに対する観客らの信頼だけは厚い。 韓国とオーストラリアを越えてウェストアンドとブロードウェーに進出するという抱負を持ったミュージカル'ドクトルジバゴ',も重なる公演で後日どんな姿をカッチュォガルチ期待される。

公演は6月3日までシャーロッテシアターで幕を上げる。 価格はVIP席13万ウォン、R席11万ウォン、S席9万ウォン、A席7万ウォンだ。 チケットはインターパーク、オープンレビュー、ロッテドットコム、11番街、イエス24,オークションで購入可能だ。

[京郷日報 2012-04-17 05:44] 元記事はこちらから

20120418-3.jpg

※まだあと1ヶ月以上続きますジバゴ舞台、ますます成熟度が増しているようでなによりですが、ちょっと心配な記事を発見~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。