★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 視聴率日照り'愛の雨'それでもこの雨は止まない
2012年04月17日 (火) | 編集 |
ユン・ソクホPDが最近ソウル、上水洞‘ユンスカラー’事務室でポーズを取った。 中年の年齢にも感受性がすごいようだとすると、彼は“50才越えてまでそれといって人々が気味が悪いという。 好むことだけ耽溺すると変わらないようだ”とした。

'秋の童話'ユン・ソクホPD,6年ぶりにブラウン管復帰
70年代と現代の愛構成してアナログ感性生かしたが前作と類似…食傷ぎみで評
"悪漢ドラマ幅きかす世の中…私は行く、優しくゆっくり"


"ああ、また、視聴率の話ですか?"

KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'のユン・ソクホ(55) PDはわざとたいしたことでないような表情になったが視聴率に対する負担を完全にぬぐい去れなかったようだ。 10日放映された'愛の雨'の全国視聴率は6.5%(TNmS). ドラマ'秋の童話' '冬のソナタ'等で韓流ブームを起こしたユンPDの名前の値段に比較すればみすぼらしくてするに値した成績表だ。

ユンPDでは2006年'春のワルツ'以後6年ぶりの復帰作の'愛の雨'は1970年代と2012年二時代の愛を描いている。 映画画面を連想させるずば抜けた映像美、少女漫画のような愛の物語など'ユン・ソクホ版'色彩が濃厚ににじみ出る作品だ。 しかし視聴者と評論家らの間では"展開が遅くてユンPDの前作らと似ていて食傷ぎみだ"という批判論も侮れないのが事実. 最近ソウル弘大近く'ユンスカラー'事務室で会ったユンPDは"はやくて強く展開するドラマがあふれる現実でこういう叙情的で感性的なドラマが必要だと見る"とした。

―ドラマでだけ見れば6年の空白があった。

"その間日本と韓国で'冬のソナタ'ミュージカル作業をした。 日本で映画も製作しようとしたし、英国小説をロマンチック ドラマで作ろうかとも悩んだ。 トレンドに合うドラマをしなければならないが、私が上手にするドラマをしなければならないが悩みもたくさんした。 そうするうちに1970年代の話とこの頃子供たちの愛、中年の愛を一つにまとめた'愛費'を作ることになった。"

―視聴率が一桁数だ。

"70年代を描いたドラマ序盤展開が遅くて大きい反響を起こせないことだと予想したりしたがこの程度だとは思わなかった。 トレンドに合わなくても個人的に多くの真心を込めた作品で完成度があるので(に)ある程度は期待したのに惜しい。"

―"以前作品らと別に違わなくて自分の複製的だ"という批判も出てくる。

"認める。 今回の作品は'秋の童話' '冬のソナタ'等私がした四季シリーズで受け継いできた情緒の総合版だ。 アナログ感性、これが私が好む部分で最も上手にする部分だ。 70年代を表現しようとわざわざその当時代表性を持つ大学家庭学と、映画'ラブストーリー'等の設定を使ったがこれを典型的というならば話す言葉がない。"

ドラマ‘愛の雨’中主演チャン・グンソク(右側)と少女時代、ユナが出演した場面.


―穏やかに感情船を継続する'ユン・ソクホ版演出'はもう受け入れられないという指摘もある。

"ヒューマニティがあふれる文を書く、日本の代表的ドラマ作家であり各本家倉本聡の作品は視聴率が高くない。 それでも良いドラマだからずっと放映になる。 淡泊な食べ物が中がさらに安らかなようにこういうドラマは世の中を純化する情緒的機能もある。 無条件視聴率の定規でさげすむのは望ましくない。"

―はやくてインパクトが強いドラマが人気を呼ぶ理由は何だと考えるか。

"私たちが生きる現実がそうなのではないか。 ドラマを善良にさせればもう非現実的だと考える状況だ。 視聴者たち視線を捕まえるためにキスシーン、事故シーンなどにだけインパクトをあたえるドラマが増えたが、その流れが大勢だが私が望む方式ではない。"

―チャン・グンソクと少女時代、ユナをキャスティングしたのは韓流を意識したからか。

"率直に出たスターなくてもドラマを導いて行くことができる程名前が知らされたと自評する。 今回もドラマ色と合う俳優をキャスティングしたのだ。 チャン・グンソクが普段活発でピョンピョンはねるイメージがあって、これを慎ましい青年で塗ってみればおもしろいという考えだった。 また、愛費特性上1人2役をするべきなのにそれも考慮した。 ユナも70年代感性をよく表現できるようでキャスティングした。"

―韓流熱風の主役がドラマでKポップへ渡った。

"本当に惜しい。 顧みればその間韓流スター中心のドラマだけ多かったし真正性ある話は少なかったようだ。 韓流ブームを起こした主役として責任感を感じて、もう一度韓流興行作品を作りたい。"

―常にメロジャンルだけする。

"クールな感性と本能が重視される時代に愛という精神的側面、その震えを話したい。 そんなことがあたえる美しさとファンタジーが良い。 機会になるならば過去の画廊らの話や妻用説話などを土台にしたフュージョン史劇もしてみたい。"

[朝鮮日報A23面 2012-04-17 03:08] 元記事はこちらから

20120417-2.jpg 20120417-1.jpg

※自動翻訳加工手抜き~。
昨夜のKBS愛雨7話は5.0%、これは去る10日に放送された6回(5.9%)より0.9%ポイント下落した数値。 MBC光と影は20.8%、SBSファッション王は10.6%で二桁復活とますます切ない数字にユンPDが気の毒になってきた。韓流のプレッシャーはどんなにか重かろう。。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。