★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 パク・ウンテ ミュージカル‘エリザベート’死役に会うところ“キャラクター完璧消化”
2012年04月17日 (火) | 編集 |
パク・ウンテがミュージカル‘エリザベート’で他の役割を受け持つところだった。

ミュージカル‘エリザベート’側は最近出演者らのキャスティング秘話を公開した。 昨年オリンピック体操競技場をいっぱい満たしたミュージカル コンサートで途方もない歌唱力で暗殺者ルキーニの歌の‘プロローグ’と‘ミルク’を歌ったパク・ウンテはその後からミュージカル‘エリザベート’に参加したい心を隠さなかった。

以後パク・ウンテはウィーンで公演したドイツ ミュージカル俳優ウベ・クルェゴのコンサートに参加しながらルドルフの‘影は長くなって’を歌って‘エリザベート’の縁がより一層深くなっていった。 後でオーディションに合格したパク・ウンテを置いて原作者は“二つのキャラクターを完璧に消化できる俳優”という賛辞を送った。 パク・ウンテはコンサート舞台で見せてくれたルキーニの姿も完璧だったがあまりにも優れた声量ときれいな音色を持ってトートでも適合するという評価を受けた。

最後までも簡単に決定できなかったが苦心の末にパク・ウンテの音域台と魅力を最もよく見せることができるルキーニで最終キャスティングを終えた。 公演解説を引き受けて劇の雰囲気をつかみ出すルキーニの魅力とパク・ウンテの爆発的な歌唱力が会って歴代最高のルキーニを誕生させる予定だ。

一方ミュージカル‘エリザベート’は2012年2月9日から5月13日まで約3ヶ月間ブルースクエア サムソンジョンジャホールで公演される。

[2011-11-25 14:25:00] 元記事はこちらから

20120416-10.jpg

※トートもそりゃ見てみたいですが彼のルキーニ最高! おちゃらけても下品じゃないし愛嬌があってそれでもってクレイジー。危険だとわかっていてもついて行きたくなる、例えるならハーメルンの笛吹き男のような(ちょっと違うか・爆)。

というわけでパクウンテ氏の回、彼が通路を通るあたりを狙っているんですがキャンセルでるといいなあ(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。