★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 韓流チャンネルKNTV,今月内売却作業仕上げ
2012年04月16日 (月) | 編集 |
-国内最大マネジメント社引き受け有力
-売却後コスダック上場準備予定


日本国内最も多い加入者を保有している韓流コンテンツ チャンネルKNTV(Korea Now TV)持分売却作業が今月中終えられるものと見られる。

売却作業完了後には増資を通した資本拡充と共に国内コスダック市場上場のための準備も進行される予定だ。

16日エンターテインメント業界によればKNTV最大株主のSKSインベストとチョ・ソンギュKNTV代表理事が保有している持分28.1%売却作業が今月中に終えられる。

大きい異変がない以上国内最大マネジメント業者がKNTV持分を取得すると発表された。 引受け者側は引き受け代金で100億ウォンを支払って有償増資を通じて追加で50億ウォンを投資するという計画だ。

去る1996年設立されたKNTVは韓国放送プログラムを輸入して放映する日本の衛星放送事業体だ。 日本には韓流コンテンツを放映する専門チャンネルがKNTVだけでなくDATV,Mnetジャパン等もある。 この中KNTV会員数が最も多くて月会費も高い。

KNTVの強力な点はSBSとMBCが株主で参加しているということ。 日本国内で多くの愛を受けているドラマ コンテンツ分野で競争力を維持できる原動力だ。

金融監督院電子公示システムによればSBSとSBSコンテンツハブは各々KNTV持分12.5%、5.6%を保有している。 文化放送もKNTV株式5000週を保有中だ。

あるエンターテインメント業界関係者は"年間50億~60億ウォンほどの利益を出すKNTV持分売却の便りに多くの国内エンター業者が関心を見せた"として"引き受け金額だけでなくコンテンツ製作能力などシナジー効果の側面で引受け者が決定されたと理解している"と説明した。

一方KNTVは国内コスダック市場に上場を準備している。 持分売却で上場作業が多少停滞したが売却作業が仕上げされればまた進行されることと観測された。

[イーデイリー 2012-04-16 09:36] 元記事はこちらから

※へ~、そうなんだ? (韓)国内最大マネジメント業者ってどこだろ・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。