★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [キャラクターin]ミュージカル‘エリザベート’の死(トート),魂を蚕食する魅惑的なダンス!
2012年04月12日 (木) | 編集 |
キム・ジュンスの‘死(トート)’、独特の存在感で舞台圧倒

金髪に黒い翼を持った死の天使が恐ろしいように美しいダンスを広げれば間違いなく‘彼’が現れる。 甘い誘惑の言葉、耳元でささやく幻想のようなメロディは聞く人の胸の内を貫くように心を揺るがす。 ‘私だけが君を理解することができる’という暖かい‘彼’のささやきは冷たく冷めた胸中孤独な心に悪魔のように入り込んで魂を蚕食して行く。

ミュージカル‘エリザベート’でストーリーの中心に立った人物は皇后エリザベートだが、ストーリーの背後に立っているのは意外にも‘死(トート)’だ。 自由だった幼年時代を送った後ドラマチックな偶然に一瞬オーストリアの皇后の席に上がったエリザベートは自由を奪われたまま人形のように操縦受ける生活を送ることになる。 見えない実に魂がこちんこちん縛られたエリザベートの運命は糸に両腕をぶら下げた人形劇と表現されるのに事実自由を失った皇后の魂を支配していく存在は‘死(トート)’だ。

作品の作曲家のシルバースタールベイは去るインタビューで‘死(トート)’に対して“魅力的に観客を誘惑するキャラクター”と説明した。 付け加えて“魅力的だというより観客に死に対する恐れを振り切るようにする強い力がある”と話して、“死を恐れたからだの具合が悪い女性が作品を見た後幸せに暮らそうと思う意欲を持つようになった”という感動的なエピソードを聞かせることもした。 シルバースタールベイの話のように作品の中‘死(トート)’の魅力は致命的だ。 人も獣でもなくて、天使も悪魔でもないこの存在を何か表現しなければならないだろうか。 あたかも足の爪を隠した鷹とともに早くて、足取りを殺したヒョウと同じように官能的な身振りで標的の急所にあいくちをさす。

野獣が餌を狩猟するために身を処するならば、‘死(トート)’は標的の永遠の愛を手に入れるために死の天使らと魅力的に踊る。 死の天使らと‘死(トート)’がエリザベートを相手に誘惑しようとする者と抜け出そうとする者の関係の中で広げる激情的なダンスは逆説的にも非常に美しくて華麗だ。 エリザベートはもちろんで観客までも死の天使とともにする彼のダンスに陥る。

正体を規定できないほど多彩な‘死(トート)’の姿も興味深い要素だ。 特に、‘死(トート)’の歌にはこのような彼の多様な姿が含まれている。 エリザベートとヨーゼフの結婚式の日“君の選択が果たして真心であろうか。 彼に向かった幻想は錯覚であるだけ”と歌って、“最後のダンス、私の最後のダンス。 結局私とともに。 ただ私だけのもの”と叫ぶ姿は狂気じみた嫉妬に捕われた‘愛に陥った男’だ。 だが、エリザベートの息子ルドルフに“何を迷うだろう。 世の中を助けて。 今でこそ、それが運命。 崩れるこの世を君だけが手に入れることができて”と反逆を督促する姿は人生の希望を壊す‘悪魔’のような姿だ。

作品は‘死(トート)’をそのどんな方向でも事を決めない。 エリザベートの憂鬱な感受性で生まれた象徴的な彼の存在はエリザベートの心理的変化により時には孤独だということを満たす愛で、時にはすべての希望のひもを放したい絶望で変化して絶えず影のようにエリザベートの後を追う。 彼がエリザベートに“私だけが君を理解して自由を与えることができる”と話すこともまた、もしかしたら当然だ。 ‘死(トート)’はまさにエリザベートが作り出したもう一つの自身であり、断ることができない暗い欲望の再現であるためだ。

舞台の上で3人3色の‘死(トート)’に会えるのもミュージカル‘エリザベート’の風変わりな面白味だ。 互いに違う個性を持ったリュジョンハン、キム・ジュンス、ソン・チャンウィが各自だけの解釈で魅力的な‘死(トート)’を多様に表現やり遂げる。

特に、キム・ジュンスの‘死(トート)’は観客に好評を受けただけ独特の存在感で舞台を圧倒した。 他の2人の俳優より年齢も幼い彼が人間でないキャラクターに対してどんな答を出したかも疑問だったが帰ってきた答は意外性ある魅力的な解釈だ。 単純に官能的な男性的キャラクターで皇帝ヨーゼフとエリザベート間の三角関係を構成するよりは女性も男性も、人間も神でもない‘境界的存在’で現れてきわどい境界の上で致命的な美しさを表わした。

女性と男性の境界に置かれたような中性的な動作、時にはささやく高音で時にはハスキーな低音で領域を行き来して誘惑するキム・ジュンスの二重的な声は観客が予想できない巧妙な配合を作り出した。 他のどんな領域にも完全に属しないのにその何も魅惑させてしまう超越的な‘死(トート)’の存在を自身が持った特有の陽性的な魅力に感受性を加えて魅力的なキャラクターで復活させた。

[newswave 2012-04-10 16:48] 元記事はこちらから

20120411-6.jpg 20120411-7.jpg

※リュジョンハン氏の死がわたし的にベストと思いつつ確かにジュンスは女性と男性の境界にある、デビルマンの飛鳥了のような妙な色気と魅力溢れる死でした。ミュージカルコンサートのDVDで見たときから低音が出てないのが気にはなってたのですがそれも発声の工夫でクリアしてましたし。ああまた観たくなってきた(>_<)

韓流Mpostさんによるわたしの観た日と同じ回レポは(こちら)と(元記事はこちら)。OST毎日ヘビロテです(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。