★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 "'愛の雨'ユン・ソクホPD,そのように愛着持って撮ったけれど.."
2012年04月10日 (火) | 編集 |
6年ぶりに帰還したスター監督ユン・ソクホPDが視聴率不振の衝撃から抜け出せずにいる。

ユンPDはKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'で6年ぶりにお茶の間を探した。 水彩画のような映像美と人間に対する特有の暖かい視線がそのままだが視聴率は以前にはおよばない。 彼の代表作に選ばれる'秋の童話'や'冬のソナタ'のようなビッグヒットどころか体面世辞にも厳しい現実。 5回まで放送されたが平均視聴率が4~5%台だ。

これと関連してKBSドラマ局のある関係者はOSENに"ユンPDが初回から視聴率成績表を受けてだいぶ衝撃を受けた表情であった"として"どんな監督でもみなそうだが長時間精魂を込めて準備した作品なのに加え久しぶりに名を連ねて出した新作だと本人や製作スタッフ立場で期待が多かった。 事前に示唆をしながらも関係者たちの反応が良くてある程度の興行は予想したがこんなにまで無視されるとは思わなかった"と話した。

また"序盤4回までの70年代の話はとりわけユンPD立場で最も愛着を持って撮った部分だ"として"ユンPD自らが70年代を最も愛する時代に選ぶほどだ。 このようなPDの愛情度が深く反映された撮影分量らだ。 早目に撮影を始めたし編集にも大きい精魂を込めた。 ところで視聴者たちに受け入れられなかったという事実が自らたくさん気に障ったようだったよ"と伝えた。

'愛の雨'は先週4回末2012年で転換された。 9日放送された5回からはソジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮)の初めての出会いが繰り広げられている。 また、中年のイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮)の交錯したメロも登場する予定。果たして2012年のラブストーリーを通じてさらに多い視聴者たちの注目をひきつけられるか注目される。

[OSEN 2012-04-10 17:06] 元記事はこちらから

20120410-3.jpg

※2012年パートでも浮上できずなんだか気の毒になるなあ。

でもファッション王もどっこい苦戦中~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。