★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘愛の雨’チャン・グンソク、あなたでなければ誰がしましょうか?
2012年04月10日 (火) | 編集 |
チャン・グンソクは代替材がない俳優だ。

派手なイメージ、率直でよどみない性格、優れたファッション感覚、歌、子役出身青春スター...チャン・グンソクの前につく修飾語だ。 一瞬また、あるようなイメージのスターだが注意深く開けてみれば本当に独特の俳優だ。

4月9日放送されたKBS水木ドラマ‘愛の雨’(脚本オ・スヨン/演出ユン・ソクホ) 5回放送は2012年現代に越えてきた。 70年代のアナログな愛が多少苦しくて陳腐に感じられたとすれば2012年の愛はデジタル愛というやめる程早くてふっくらと飛ぶ魅力を発散した。

愛の媒介体は傘で携帯電話に変わったしソジュン(チャン・グンソク扮)もハナ(ユナ扮)も以前とは比較できない程堂々としていて溌刺とした。

早くなった展開ぐらい目につくのは男主人公チャン・グンソクだ。 70年代アナログ愛で苦しいほど小心で純粋なソ・イナ(チャン・グンソク扮)を通じて感性演技をしたチャン・グンソクが2012年ソジュンを通じてからだにぴったりな服を着たようにゴウゴウ非常だった。

独特ながらもチャン・グンソクだけが消化できるヘアースタイルとぷつんと吐きだすいたずららしい語り口、可愛い浮気者演技。 あの役割をチャン・グンソクでなければ誰がするだろうか?

チャン・グンソクを韓流スターで作ったドラマSBS ‘美男ですね’のファンテギョンの役割のようにチャン・グンソクが最も上手にできる役割が‘愛の雨’のソ・ジュンだ。 チャン・グンソクのイメージは派手だ。 しかしチャン・グンソクは派手でなくても着実に積み重ねた硬い演技力を持った。 長い演技経験でキャラクターを自分だけのことで作ることができる。

‘愛の雨’が視聴率苦戦中だが短所より長所が多いドラマだ。 繊細な演出力、ずば抜けた映像美、即登場する中年俳優たちの演技は話す必要もない。 1人2役という挑戦を格好良く遂行しているチャン・グンソクとユナという若い俳優らの成長を見守ることだけでも十分に楽しいこともあるドラマではないだろうか?

[ニュースエン 2012-04-10 09:40:48] 元記事はこちらから

20120410-2.jpg

※大きな声では言えませんがホントに申し訳ないくらいまるでひっかからないんですが(失礼)それはそれでホッとしたりもして、そんな自分を確認するために愛雨を見てるような気もする。。。

ってSBSが繋がらんので~;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。