★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘愛の雨’チャン・グンソク・ユナは変わったが…ドラマは相変らず陳腐
2012年04月10日 (火) | 編集 |
KBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'が劇中背景を変えても相変らず陳腐な展開を見せて失望感を抱かせた。

先立って'愛の雨'の製作スタッフはドラマに対する酷評が続くとすぐに"5回から背景が2012年に越えてきながらトレンディーな感じに変わる。 4回まで登場した70年代愛の物語と比較されてより大きい面白味を与えること"という立場を見せた。

だが、去る9日本格的に始まった現代版'愛の雨'は色々な映画とドラマでたくさん見てきたような設定らを構成しておいた期待以下の結果で再び低調な成績を得た。 4回まで見せた70年代の話が70・80年代映画とドラマを踏襲したとすれば2012年バージョンもやはりありふれたロマンチックコメディの公式をついて行くこと他には格別な内容がなくて問題になった。 チャン・グンソクとユナが共に乗って行った車のガソリンが落ちて温泉に行くことになるなどストーリー自体で悩みの跡が感じられなかったしキャラクターやはり平面的だと魅力が落ちるという評価だ。

先に70年代を扱う時は清純可憐な女と小心な男を'一知半解'式で見せると背景を現代で渡した後には気難しい性格の男と溌刺とした女というロマンチックコメディの典型的なキャラクターを引き出した。 過去と現在を行き来する愛の物語で完成度高いメロを作ってみるという企画意図とは違い食傷ぎみだという話を聞くのに充分だった。

唯一称賛を聞く映像美もやはり指摘感だ。 日本ロケーションまで押し切りながら絵のような画面を作り出したのは事実だが'美しい絵作り'にだけ執着して面白味をのがしていて主客が転倒されたような感じを与える。 視聴率やはり変動がない。 全国視聴率が5.4%(AGBニールセンメディアリサーチ)で転回より0.1%上がるのに終わった。

ある放送関係者は"チャン・グンソクとユナの熱演が惜しい。 70年代と2012年のはっきりと違うキャラクターを演技しながら二倍の努力を傾けたが惜しくも作品自体が支えられずにいる"としながら"素敵な画面中に韓流スターを投入させさえすれば無条件成功するという考えは明白な誤算"と話した。

[日刊スポーツ 2012-04-10 10:44] 元記事はこちらから

20120410-1.jpg

※現代になったらずいぶんと軽い雰囲気になったなあ、ユンソクホ作品じゃないみたい(爆)。日本ロケパート、日本語や字幕多発で視聴者方々の反応がそろそろ心配になったりして。

洋楽BGMは日本放送の時には前面差し替えだったりするのかなあ。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。