★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ザ・キング'イ・スンギ、ハ・ジウォンよりイソンミン?..最高の相性'ゴマ粒面白味'
2012年04月07日 (土) | 編集 |
‘ザ・キング トゥハーツ’を輝かせている魅力満点‘男男コンビ’が視線を集中させている。

イ・スンギ、イソンミン、チョジョンソクはMBC水木ドラマ‘ザ・キング トゥハーツ’で各々ムチャクチャ傍若無人韓国王子イ・ジェハと国民の信任を一身に受ける威厳ある国王イ・ジェガン、そして王室近衛隊中隊長ウンシギョン役に熱演を広げて出している状況。

微笑みがちょうど似ていた王室兄弟‘イ・スンギ-イソンミン’としらじらしいということが最強のイ・スンギに‘原則主義’苦しいことで一貫して笑いをあたえる‘イ・スンギ-チョジョンソク’が幻想の呼吸をお目見えして‘ザ・キング トゥハーツ’に活力を吹き込んでいる。

何よりイ・スンギとイソンミンは一から十まで同じ点がない実の兄弟だが、お互いを惜しむ心だけは同じように似ていた友愛と温かさをそっくり表わしてくれている。 イソンミンは劇中大韓民国3代国王として謹厳で責任感あるカリスマを描き出しながらも、弟イ・スンギの行動の前では笑い出してしまう俗情深い暖かい姿を見せている。 過度な冗談とホラ、分別がない行動で一貫するイ・スンギだが、イソンミンは常にお父さんのような豊かでキメ細かい微笑みでイ・スンギを抱きしめ包んでくれていること。

また、二人は絶妙に合致する特有の愉快なコミック本能で‘最高の相性’をお目見えして視聴者たちを拍手大笑いをするようにさせている。 去る1回放送分でイソンミンは除隊するイ・スンギがウインクを飛ばしてふざけて敬礼するとすぐに笑いながらほおをぱんぱん殴ってくれるかと思えば、5回の方ではバブル入浴をしながら虚勢を震えているイ・スンギをした回ずつ受けて取り除く高度な対話法をお目見えするなど始終一貫強力な兄弟愛を描き出している。 色々な愛嬌と愛嬌でイソンミンに楽しみをあたえるイ・スンギとこういうイ・スンギを限りなく愛らしい目つきで眺めて話すイソンミンは‘反転面白味’をあたえる最強コンビと膨らませに足りなさがないという評価。

実際にイ・スンギとイソンミンは‘ザ・キング トゥハーツ’を通じて演技呼吸を合わせることになりながら実の兄弟のように親密で厚くなったという後聞だ。 即興的に作り出すアドリブさえも目つきだけ見ればかちかち合うほどチョン・ギョウンの間になったとのこと。 硬い演技力を土台にフィードバックが完璧になされる二人の格別な関係のおかげで‘男男コンビ’演技がきらきら光を放っている。

イ・スンギとチョジョンソクは会う時ごとに互いに全く違う性格のためにどうのこうのする姿で‘ゴマ粒面白味’をプレゼントして‘男男コンビ’で登板した。 カンジュクゴリギワおうちゃく震えるために第一人者であるイ・スンギがひたすら‘原則’を重視する苦しい‘一方通行男’チョジョンソクを一から十まで虐待している状況。 互いに違う魅力を発散しながらも妙に似合う二人の呼吸が視聴者たちに楽しみを抱かせている。

特にイ・スンギはユーモアと冗談、口先だけの言葉が通じないで表情ないチョジョンソクをあきれるがチョジョンソクは一様にイ・スンギを信頼して尊敬する姿を見せて笑い過ぎ腹痛するようにさせている。 1回分でチョジョンソクはWOC南北単一チームから抜け出ようとするイ・スンギを軽べつして銃まで突きつけていたが、強大国に痛快な厳しい忠告を与えて追い出してしまうイ・スンギに感動して忠誠をつくすことになった。

4回の方ではケガをした足で60km行軍したイ・スンギがチョジョンソクに皮肉りながら行けというとすぐに表情ないチョジョンソクが"王制様の深い意味を私が推し量ることができませんでした、一人で行って下さい"と話して後ろを向くあきれる姿でイ・スンギの堪忍袋を放つようにさせた。 イ・スンギは若干の見せ掛けの形を働かせるために‘そのまま行って’と話したことだったがすべてに真剣な原則主義者チョジョンソクはそれを心より一人でやり遂げたがる王子の自尊心だと受け入れたこと。 このように遊び人イ・スンギとバカ正直な姿で考え方が全く違うチョジョンソクの出会いが風変わりな面白みをプレゼントしているわけだ。

6回放送分ではイ・スンギが今まで当てられたことを復讐するようにチョジョンソクを王室近衛隊に呼び入れてあんまとTVチャンネルを回すなど世話をさせて‘ヌンチッパプ’を育てろと命令してこれから二人が作っていく‘男男コンビ’の姿はどんな方向で流れることになるのか気がかりなことを増幅させている。

製作会社キム・ジョンハクプロダクション側は“イ・スンギとイソンミン、チョジョンソクはお互いに対する厚い信頼を表わして幻想的な息を合わせてドラマにかなりよい楽しみを与えている”として“それぞれのキャラクターに憑依したように情熱をつくして演技して出す彼らがあってより一層完璧なドラマが完成されている。 今後も多様な魅力を発散する三人を期待してくれ”と伝えた。

一方7回放送分予告ではイソンミンによって入国禁止にあったユンジェムンの冷酷な表情が含まれて気がかりなことを増幅させた。 登場する時ごとに険しい目つきと背筋が寒くなったイメージを吹きだすユンジェムンと大韓民国国王の慈愛深くて謹厳な姿を見せるイソンミンの対立が果たしてどうなるのか関心が集中している。

[OSEN 2012-04-07 09:09] 元記事はこちらから

20120407-4.jpg

※どちらの男男カップルもステキ~。

ファッション王からザ・キングの再放送をリア視聴中のまったり土曜日です(爆)。
ヘミョン姫も登場だ~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。